Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

中国、空母級ヘリ揚陸艦を建造

Posted March. 31, 2017 08:33,   

Updated March. 31, 2017 08:34

한국어

中国、空母級ヘリ揚陸艦を建造
中国が、ヘリコプター30機を搭載できる「075型強襲揚陸艦」の建造を始めたと、サウスチャイナ・モーニング・ポストが29日付で報じた。

上海の滬東中華造船は、沈金龍・海軍司令官(中将)が26日に自社を訪れたとし、28日にホームページを通じて公開した。空母の役割が可能な075型強襲揚陸艦は、早ければ2019年に進水し、2020年に完全稼動に入ると見える。排水量4万トン、武装ヘリコプター30機を搭載でき、同時に6機のヘリコプターの離陸が可能だ。中国が075型強襲揚陸艦を実戦配備すれば、南シナ海と東シナ海で敵の軍艦や潜水艦、地上軍を攻撃する多様な形態のヘリコプターを離陸させる能力を保有することになる。

 

これは独立志向の蔡英文総統政権発足後、中国との関係が悪化した台湾に大きな脅威になると予想される。米国防総省は、昨年議会に提出した報告書で、「中国の強襲揚陸艦と増強された海軍上陸部隊は台湾に脅威になるだろう」と指摘した。

また中国は、空母「遼寧」に続く2隻目の自国産の空母「山東」を来月23日に進水させる計画だ。進水式には習近平国家主席も参加するという。上海の江南長興造船所で建造中の3隻目の空母も、2021年頃に進水する予定だ。中国は、現在2万人の海軍規模を約10万人に増やす計画だ。

一方、日本の海上自衛隊は22日、空母級ヘリコプター搭載護衛艦「かが」を就役させた。「かが」は排水量1万9500トンで、ヘリコプター14機を搭載できる。海上自衛隊は中国を牽制するために海上の警戒監試任務に「かが」を投入する計画だ。



具滋龍 bonhong@donga.com