Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

[社説]日本のEEZ内に落下した北ミサイル、安倍極右内閣に火をつけるか

[社説]日本のEEZ内に落下した北ミサイル、安倍極右内閣に火をつけるか

Posted August. 04, 2016 07:01,   

Updated August. 04, 2016 07:15

한국어

北朝鮮が3日、ノドン2発を東海(トンヘ、日本海)上に発射した。2発のうち1発はエンジン点火直後に爆発したが、1発は1000キロほど飛翔したと観測された。ミサイルが落ちたところは、秋田県男鹿半島の西方250キロ地点の排他的経済水域(EEZ)内だ。北朝鮮が発射したミサイルが日本のEEZ内に落下したのは初めて。落下地点と直線距離の青森県車力に弾道ミサイル早期警報レーダー基地がある。北朝鮮は在日米軍のレーダー基地の目の前までノドンを発射し、長距離攻撃能力を誇示したのだ。

日本社会は騒然となった。安倍晋三首相は直ちに国家安全保障会議(NSC)を招集、「許しがたい暴挙」と糾弾し、自衛隊に警戒態勢を指示した。1998年8月にテポドン1号が日本列島の上空を通過し、1600キロ余り飛翔して世界を驚かせた当時の衝撃が再演された。日本が2日、防衛白書で初めて北朝鮮ミサイルを分析し、「米西部と中西部のコロラド州デンバーまで射程圏に置いたミサイル発射の技術を保有している可能性がある」と明らかにしたことが現実になりつつある。

今回のミサイル挑発で、北朝鮮は今後、核弾頭を搭載した弾道ミサイルを発射することで、韓国の港や飛行場など大韓民国各地を狙うだけでなく、周辺国までも攻撃できることを誇示した。最近、北朝鮮が発射した3発の弾道ミサイルの写真を分析した結果、すべて韓国の主要港湾や米空軍基地がある空港を狙った先制攻撃訓練であることが確認された。北朝鮮は、開戦初期の米増員戦力の配備を阻止するために核の先制攻撃を狙っている。安倍首相が3日、「米国、韓国と連携し、毅然として対応する」と言ったように、北朝鮮の挑発に対して日韓の軍事協力はいつになく切実だ。

生存を共に脅かされる韓国と日本の軍事協力は必ずなされなければならない。両国の軍事協力は、先制攻撃と特殊戦関連情報の共有を含む対応戦略の水準から格上げする必要がある。そうした点で、3日に断行された日本の内閣改造で保守寄りの長官が多数起用されたことは非常に残念だ。南京虐殺が虚構だとか慰安婦は当時は合法だったと言った長官たちが就任後も妄言を続けるなら、疎通と信頼回復が重要な日韓関係は再び悪化するほかない。そうなると軍事協力や善隣関係を志向しなければならない両国の未来に決して役に立たないということを安倍政府は肝に銘じなければならない。



허문명논설위원 ホ・ムンミョン論説委員 angelhuh@donga.com