Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

国定教科書代表執筆者の崔夢龍氏、セクハラ疑惑で辞退

国定教科書代表執筆者の崔夢龍氏、セクハラ疑惑で辞退

Posted November. 07, 2015 07:31,   

한국어

国定歴史教科書の代表執筆者として招聘されたソウル大学の崔夢竜(チェ・モンリョン)名誉教授(写真)が、セクハラ問題で二日ぶりに辞退した。国史編さん委員会(国編)は6日、「崔教授が歴史教科書編さんの妨げにならないよう、執筆を辞退したいという意向を示した」とし、「国編は崔名誉教授の意見を尊重し、辞退を受け入れることにした」と明らかにした。

崔名誉教授は代表執筆者への選定が公開された4日、インタビューのためにソウル汝矣島(ヨイド)の自宅を訪れた日刊紙の女性記者に対し、性的な言葉や行為をしたという。崔名誉教授は6日東亜(トンア)日報の記者と会って、「お酒を飲んだ記憶はあるが、身体接触はなかった」とし、「国定教科書を作らなければならない今、私のような人が入れば妨げとなるため、執筆を辞退することにした。物議をかもしてしまい、国編の方にも申し訳ないと思う」と述べた。崔名誉教授は同日、国編の金貞培(キム・ジョンベ)委員長と直接当該メディアを訪問して謝罪した。

崔名誉教授の辞退を受け、政府の国定教科書執筆計画は早い段階から暗礁に乗り上げた。国編が公開した国定教科書の代表執筆者は現在のところ、梨花(イファ)女子大学のシン・ヒョンシク名誉教授だけだ。



foryou@donga.com