Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

満州国の慰安婦関連文書、「料理店の仕事とだまし、慰安婦を強要」

満州国の慰安婦関連文書、「料理店の仕事とだまし、慰安婦を強要」

Posted August. 18, 2015 07:22,   

한국어

1940年代、日本軍が韓国人女性約2000人を一度に慰安婦として連れて行ったことが中国政府が保管する文書で確認された。当時、日本軍は料理店の仕事だと嘘をつき、韓国女性たちをだましたことも分かった。

17日、半官営の中国新聞網によると、黒竜江省の档案館(記録保管所)は最近、日本の傀儡国である満州国の慰安婦関連文書を公開し、「1941年10月、日本軍が牡丹江綏陽県の寒葱河地域に軍慰安所を設置し、韓国人女性数十人を連れてきて慰安婦を強要した」と明らかにした。

档案館が公開した第890号、第1064号文書には、1941年10月20日、日本軍綏陽国境警察隊寒葱河隊の高橋隊長が同部隊の綏芬河隊長に部隊の事情を説明し、「この女性たちは韓国から強制徴用した約2000人の一部」と明らかにしたという内容が記録されている。特に、これらの文書は、日本軍が徴用された韓国女性に「寒葱河地域に『日本軍専用の料理店』を開く」とだまして連れて行き、慰安婦を強要したと暴露した。文書には、料理店を装った軍慰安所の設立過程と設立日、階級別の相手と許された「娯楽時間」まで書かれている。

黒竜江省档案館が今回公開した「慰安婦」関連内容は、生体実験で逮捕された人々の輸送に関する「特殊輸送」と「強制移民」を含む96件の資料の一部で、慰安婦関連は計7件だ。

黒竜江省档案館の斉秀娟館長は、「今回公開した慰安婦文書は日帝が傀儡国である満州国に伝えた文書の中から発掘したもので、世界戦争史でも唯一のこの性奴隷制度は、女性の人権を侵害し肉体・精神的に略奪した点で最も残忍で悪らつな戦争犯罪だ」と指摘した。



bonhong@donga.com