Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

アフリカ派遣の韓国人医療スタッフ、エボラ出血熱感染の疑いでドイツへ搬送

アフリカ派遣の韓国人医療スタッフ、エボラ出血熱感染の疑いでドイツへ搬送

Posted January. 03, 2015 07:15,   

한국어

シエラレオネに派遣された韓国緊急救護隊の医療スタッフの1人に感染の疑いがあることが分かった。同隊員は精密診断のため、ドイツに緊急搬送された。韓国人としては初めてのケースだ。

韓国外交部は2日「韓国医療隊員の一人が昨年12月30日午前(以下、韓国時間)、シエラレオネのゴドリッチ・エボラ治療センター(ETC)で患者から採決を行っていた途中、手袋が破れ、注射針が皮膚に当る状況が発生した」と明らかにした。同隊員は3日午前、米国のエア・アンビュランス「フェニックス・エア」を利用してドイツに搬送され、精密診断を通じて感染の有無を確認する予定だ。潜伏期間(通常21日)の間、経過を見てから健康に異常がないことが確認されれば、20日頃に帰国することができる。

保健福祉部のクォン・ジュンウク公共保健政策官はブリーフィングで、「針に刺されたり、切り傷ができたのではなく、患者が動いたため、手袋の左手人差し指のところが破れ、この時針が皮膚に当った」とした上で、「皮膚損傷や外相はなく、発熱や嘔吐のような感染症状も示していない状態だ」と述べた。

エボラ熱は、患者の体液、または分泌物に直接接触することにより感染する。韓国政府は発生直後、シエラレオネでスタッフを総括する英国国際開発省(DFID)、ゴドリッチETCの運営主体である「エマージェンシー(イタリアのNGO)」の医療チームが数回に渡って感染の有無を確認したが、症状は出ていなかったと伝えた。