Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

韓国軍の空母導入研究、国会が初めて予算策定

韓国軍の空母導入研究、国会が初めて予算策定

Posted November. 14, 2012 08:34,   

한국어

韓国軍の空母導入に関する研究が来年から国会主導で推進される。中国、日本との紛争に備えた「戦略機動艦隊(いわゆる独島—離於島艦隊)」創設案が推進されている中で、空母導入が公論化すれば、海軍力増強計画に拍車がかかる見通しだ。

国会国防委員会は最近、13年予算決算審査小委(予決小委)を開き、「空母戦力化関連研究発注」の予算として1億ウォンを策定した。当初、防衛事業庁が提出した予算案にはなかったが、予決小委所属の与野党議員が新しく編成したのだ。空母戦力化に関する研究用役費が国防予算に反映されたのは初めてのこと。

予決小委員長の韓起鎬(ハン・ギホ)セヌリ党議員は13日、本紙の電話取材に対し「中国が空母を進水させ、日本はイージス艦を6隻も保有しているのに、韓国はあまりにも(海軍力)が弱いのではないかという意見があった」とし、「空母戦力化の時期や方法などについて踏み込んだ研究が求められるということで与野党議員が一致した」と話した。

これまで軍周辺では周辺国との領有権紛争に備え、海上交通路を確保するための海軍力強化に向けて空母導入を推進すべきという声が上ったが、莫大な建造費や運営維持費がかかることから時期尚早という世論が多かった。07年に実戦配備された大型上陸艦・独島(トクト)艦(1万4000トン)を軽空母に改造する案も一部では持ち上がった。

しかし、韓国の国力が大きく増大し、中国の空母配備など周辺国の海軍力が増強されているだけに、空母の導入を積極的に検討すべきだという意見が強まっている。特に、米国と中国間の覇権競争の主舞台が韓半島周辺の北東アジア海上になる可能性が高いことから、空母のような戦略兵器の導入を急がなければならないという意見も少なくない。

現在、空母を保有している国は米国、英国、ロシア、フランス、中国、インドなどの10ヵ国。イタリアやタイなど韓国と経済規模が似ているかやや小さい国も軽空母を運用している。

また、国会予決小委は、当初予算案に入っていなかったイージス艦3隻を追加で戦力化するための着手金として100億ウォンを新しく策定した。審査資料によると、議員らは「12年海軍力増強策研究結果を受けたイージス鑑戦力化のためには、設計から建造まで数年がかかる長期事業であるため、予算を反映する必要がある」と指摘した。

現在、海軍は世宗大王(セジョンデワン)艦、栗谷李珥(ユルゴクイイ)艦、西迆柳成龍(ソエユソンリョン)艦のイージス艦3隻を運用している。



sungho@donga.com