Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

中国軍機関紙「どこからでも核ミサイルを発射できる」

中国軍機関紙「どこからでも核ミサイルを発射できる」

Posted August. 29, 2012 06:41,   

한국어

「どこにでも移動して速やかで的確に核ミサイルを発射することができる」

中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は27日、戦略ミサイル部隊である第2砲兵部隊の最新戦力強化の話をこのように伝えた。これまで隠してきたミサイル戦力を異例的に公開したのは、米国、日本などに警告のメッセージを送ることに狙いがあるものと受け止められている。

解放軍報が1面トップで報じた記事にによると、第2砲兵部隊が運用しているすべてのミサイルは車両積載や発射が可能だ。中国全域の道路に沿って起動しながら、どこからでもミサイルを発射し統制することができる体制を整えた。偵察衛星を使って敵による位置追跡や攻撃を回避することができることを意味する。また核ミサイルはもちろん、一般ミサイルもすべて固体燃料を使って小型化・軽量化に成功したという。

これに先立ち、今年7月、海外メディアは中国が射程1万4000キロ以上の多弾頭の大陸間核弾道ミサイル「東風41」を試射したと報じた。当時、香港の各メディアは、この報道が中国包囲戦略を駆使している米国や領土紛争を繰り広げている日本に対する警告のメッセージだと分析した。

一方、中国初の空母が27日、10回目の試験航海を始めたと、中国マスコミが伝えた。とくに強力な台風15号の影響圏の海域で行われるもので、悪条件下での性能テストを終え、近く正式に就役するだとうという見方が出ている。



mungchii@donga.com