Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

統一教会長ら、故金総書記死後に休戦ライン通過して訪朝

統一教会長ら、故金総書記死後に休戦ライン通過して訪朝

Posted February. 04, 2012 08:30,   

한국어

昨年12月、北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の死後、休戦ラインを陸路で通過して北朝鮮を訪問した弔問団が、故金大中(キム・デジュン)元大統領の遺族の他にもいたことが明らかになった。これまで韓国政府は、北朝鮮が韓国に弔問したことへの答礼として故金大中(キム・デジュン)元大統領と故鄭夢憲(チョン・モンホン)元現代(ヒョンデ)グループ会長の遺族たちの訪朝だけを受け入れたと言ってきた。

統一部は3日、米国籍の韓国系である文亨進(ムン・ヒョンジン)統一教会世界会長と朴相権(パク・サングォン)平和(ピョンワ)自動車代表取締役、朱東文(チュ・ドンムン)ワシントンタイムズ会長の3人が昨年12月24日、京義(キョンウィ)線の軍事境界線(MDL)を通過して北朝鮮を訪問したと明らかにした。金元大統領の遺族の訪朝のときと同じルートだが、時期は2日先立つ。文会長一行は30日、京義線を通じてソウルへ帰還した。

金炯錫(キム・ヒョンンソク)統一部報道官は、「3人は全員米国籍であるため、第三国経由でも訪朝が可能だ」とし「彼らが便宜上、韓国側地域から北朝鮮に入りたいと言ってきたので協力したことだ」と話した。また金報道官は、「当時、陸路での訪朝について、敢えて公開する必要があることとは判断しなかった」と釈明した。

陸路での訪朝は、南北通行合意書に基づいて、事前に統一部に申請しなければならない。その後、国防部を通じて非武装地帯(DMZ)を管轄する在韓国連軍司令部の承認を得て、北朝鮮に通知。北朝鮮が同意すればMDL通過が認められる。



shcho@donga.com