Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

3・1節の日、ネットーでは韓日サイバー戦争

3・1節の日、ネットーでは韓日サイバー戦争

Posted March. 02, 2010 09:42,   

한국어

韓日両国のネットユーザーらが、アクセス量を急激に増やし、相互のサーバーをダウンさせる「サイバー戦争」を繰り広げた。

1日午後1時、国内コミュニティサイト「ディシインサイド」に、日本の代表コミュニティサイト「2ちゃんねる(2ch)に対し、攻撃をかけようという書き込みが掲載された。約2分後、両サイトには共に、「使用者が多く、アクセスがスムーズにいかない」というメッセージが浮かんだ。

韓国のネットユーザーらは、日本のネットユーザーらのせいで今回の出来事が起きたと主張している。最近、ロシアで韓国人留学生が、地元の何者かによって攻撃を受け、死亡した事件を巡り、日本のネットユーザーらが、「ロシア万歳」という悪質な書き込みを掲載し、「韓国の金姸兒(キム・ヨンア)が、バンクーバー冬季五輪で審判を買収し、トップにつけた」という悪意的な書き込みを掲載し、3.1節(独立運動記念日)を迎え、日本のサイトに対し攻撃を行ったという。

ネットユーザーらは、「この戦い」のため、ネイバーやダウムなどのポータルサイトなどに、「正当なテロ対応カフェ」や「愛国志士の連盟協会」などのコミュニティを作り、10代の青少年らが好んで訪れるコミュニティサイトでPR活動を行った。3日間で8000人を超える人々が集まった。

彼らは、「書き換え」ボタンを押してサーバーを麻痺させる「F5の頻繁なクリック」による攻撃や、「独島(トクド=日本名「竹島」)は我々の領土」のような書き込みを、ホームページに相次いで掲載する攻撃を行うことを決めた。DDoS(分散サービス拒否)」攻撃に使われるプログラムが掲載されたりもした。

予定していた1時になると、計1万2000人のネットユーザーが集まった。2chのメインページから内部ニュース、コミュニティコーナーへとトラフィックを送り始めた。「2chの内部管理者が、韓国のインターネットアドレス(IP)のアクセスを遮断した」というメッセージが回ると、グーグル翻訳機サイトにアクセスし、再び攻撃を行った。20分後、2chサイトのサーバーの半分以上がダウンしたものの、まもなく復旧した。「めちゃくちゃにしよう」という書き込みが掲載されると、トラフィック流入機などのプログラムが登場し、1時間足らずで、2chサイトは麻痺された。今回の攻撃に加わった一人のネットユーザーは、「韓国を貶めたことへの正当な仕返しだ」と主張した。彼らは今回の攻撃は、「サイバー民族主義」の実現であり、愛国だと考えている。

これについて、韓国インターネット振興院のシン・デギュ・チーム長は、「特定サイトに対し、故意にトラフィックを送るのは、DDoS攻撃に他ならない」と強調した。「情報通信網の利用促進及び情報保護などに関する法律」第48条によると、故意に特定サイトの運営を妨害したり、攻撃を行うのは犯罪行為だ。西江(ソガン)大学の田尙鎭(チョン・サンジン)教授(社会学)は、「サイバー上で人に対し攻撃を行う行為が、あたかも意識ある行動のように映るのが大問題だ」と指摘した。



bsism@donga.com