Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「歴史清算の保障手形」の認識は困る…「日王訪韓」に慎重論強まる

「歴史清算の保障手形」の認識は困る…「日王訪韓」に慎重論強まる

Posted September. 17, 2009 08:37,   

Updated January. 01, 1970 09:00

한국어

李明博(イ・ミョンバク)大統領が、2010年の日本による韓国併合100年を迎え、明仁日王の訪韓を提案したことについて、専門家たちは訪韓が実現すれば、韓日関係をグレードアップする画期的な契機になるとしながらも、無理な訪韓推進は逆効果をもたらすと口をそろえた。日王が訪韓を望んでいることは事実だが、日本の植民地支配に対する日王の謝罪のレベルとこれに対する韓日両国民の反応次第では、韓日関係がかえって葛藤による退行に進む恐れがあるという憂慮のためだ。

●具体的な謝罪と反省のない訪韓は無意味

国民大学国際学部の李元徳(イ・ウォンドク)教授は、「日王が訪韓し、植民地支配と戦後処理など歴史問題に対して韓国国民が納得できる具体的な謝罪と反省を示すことが重要だ」と指摘した。日王が日本国民を代表して、過去の問題を終結させる声明や公式発言をしなければ、逆効果をもたらす恐れがあるという説明だ。

また、訪韓した場合の過去の問題の解決に向けた日王の日程について、専門家たちは、1970年にドイツのブラント首相がポーランドを訪問し、ユダヤ人犠牲者記念碑の前でひざまずいて謝罪したように、日王が高宗(コジョン)と明成(ミョンソン)皇后の陵である洪陵(ホンヌン、京畿道南揚州市)を参拝するか、従軍慰安婦として被害を受けた女性たちが生活する京畿道広州市(キョンギド・クァンジュシ)のナヌムの家を訪れる案を取り上げた。

●日王訪韓は歴史清算の保証手形?

中央(チュンアン)大学国際関係学科の金浩燮(キム・ホソプ)教授は、「日本が日王の訪問を韓日の過去のすべての歴史が一挙に清算されたという『保証手形』と認識する場合、韓日関係は予測できない方向に流れる可能性が高い」と話した。そして、「92年の日中国交正常化20周年を迎え、日王は中国を訪問して謝罪したが、現在の日中関係はいいとは言えない。日王の訪問で過去の問題が一挙に解決できるというナイーブな楽観は禁物だ」と語った。

国民の間に反日感情が依然として強い状況では、日王の謝罪内容と関係なく、訪韓自体が真正性のないイベントと見なされる可能性もある。特に、日王に卵を投げつけるようなことが起こる場合、日本の極右勢力を刺激して、韓日関係を傷つける結果が引き起こされる恐れがあるということだ。

●日本国民の共感のない訪韓は、時期尚早

日本による韓国併合100年という2010年の象徴性にしばられて、韓国の外交的圧力で日王が訪韓するという形になってはならないという指摘も多い。過去の歴史の被害者は韓国であるため、謝罪のための日王の訪韓は、日本が自ら選択する形になるべきであり、韓国があれこれ要求することは望ましくないというものだ。

特に、日本では、歴史問題に前向きな民主党が政権交代を果たしたが、まだ日本国民の間で日王訪韓に対するコンセンサスがないため、より慎重に接近しなければならないという指摘だ。日王が現在高齢(76)であり、韓日間の和解に貢献したいという考えがあることは事実だが、日本国民の自発的な共感がまず形成されなければならないというものだ。日本の外務省内部では、日王が訪韓して謝罪することが望ましいという雰囲気があるという。



zeitung@donga.com