Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

洛東江、またもフェノール恐怖に慄いた

Posted March. 03, 2008 03:00,   

한국어

▲事故発生〓韓国水資源公社の龜尾(クミ)圏管理団によれば、2日午前5時50分ごろ、龜尾市高牙邑槐坪里(ゴアウブ・ゲピョンリ)の洛東江(ナクドンガン)で、フェノール0.001mg/Lが検出すれた。

午前10時20分ごろは、海平面(へピョンミョン)の亀尾広域取水場の取水口でのフェノールが基準値(0.005mg/L)を超えた。

水資源公社では、午前10時45分から亀尾市や漆谷郡(チルゴクグン)周辺の上水道の供給を中止し、安東(アンドン)の臨河(イムハ)ダムやダムの放流量を増やしてフェノールの濃度を下げた。

水道水の供給はフェノール濃度が基準値を下回った午後3時半から部分的に再開され、午後8時ごろ完全に正常化した。

環境部は、「フェノールの濃度が取水中止の基準(0.02mg/L)には達しなかったものの、安全のため、取水を中止した。フェノールの原液は流出されなかったものと見られる」と明らかにした。

▲検出原因〓1日午前、慶尚北道金泉(キョンサンブクド・キムチョン)のコーロンケミカル工場(フェノール製造)で発生した火災を消し止める過程で、フェノール粕が洛東江に流れたものと、当局では見ている。

同工場から出る排水は、洛東江の支流の甘川(カムチョン)を通じて東江につながる。亀尾広域取水場とは33キロほど離れている。

亀尾広域取水場は、水道水用の生活用水を1日約15万5000トンを生産して、亀尾や漆谷郡の36万人に供給している。

水資源公社はコーロンケミカル工場で火災が発生すると、洛東江にフェノールが流入される可能性があると見て、非常勤務体制を行っていたところだった。

大邱市(テグシ)は達城郡多斯邑(タルソングン・ダサウブ)の梅谷(メゴク)取水場でフェノールが検出される場合、直ちに取水を中止し、ほかの浄水場から出る水道水を供給する方針だ。

慶尚北道地方検察庁は、コーロンケミカル工場や消防当局を対象に、フェノールが流出された経緯を調べている。

一方、1日に金泉(キムチョン)のコーロンケミカル工場で爆発とともに発生した火事で、作業中だった金某氏(35)など2人が死亡し、14人が怪我をした。今回の火事で3階の建物が全焼し、午前7時半ごろ消し止められた。



boriam@donga.com