Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

与党議員ら、態度豹変し「盧大統領バッシング」

与党議員ら、態度豹変し「盧大統領バッシング」

Posted November. 10, 2006 07:07,   

한국어

与党のヨルリン・ウリ党の議員たちが9日、国会政治分野対政府質問で、覚悟を決めたかのように、集団で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と政府を激しく批判した。

与党議員たちはこれまで、党内会議や会合などで時おり盧大統領を糾弾することはあっても、国会の対政府質問のようなテレビ中継される場や、与野党議員が一堂に会する席で、大統領を非難することは事実上タブー視されてきた。

ウリ党の非常対策委員会常任委員である金富謙(キム・ブギョム)議員は、「国民は成熟した政府、包容的な与党を期待する。権力に挑戦し、理念攻防に躊躇しなかった社会運動の姿を見たいとは思わない」と主張し、「不動産政策、過度な私教育費、青年失業と雇用不安は、政策的未熟の証しだ」と述べ、政府と与党を批判した。

金議員は、盧大統領に挙国一致の中立内閣を構成するよう要求し、「何より大統領が深く悩まなければならない」として大統領に決断を求めた。

そして、「すべてが『バカの盧武鉉』の真正性から始まったと確信する。(大統領が)政争から自由になった時、参加型政府の真正性は実を結ぶだろう」と声を高めた。

ウリ党の崔奎植(チェ・ギュシク)議員も、盧大統領の国政運営の支持率が10%にとどまっている事実に触れ「参加型政府がこのように支離滅裂で無気力になったのには、大統領の過ちが非常に大きい」と述べた。

さらに崔議員は、「政治が、国家の未来と直結する経済や外交・安保問題に障害にならず、踏み台にならなければならない。まず大統領が、政治よりも外交・安保と経済問題などの国政運営に専念することで、政争の対象になってはならない」と主張した。

答弁に立った韓明淑(ハン・ミョンスク)首相は、「大統領は、不動産、庶民生活、北朝鮮の核問題などのために、ほとんど毎時間を割いている」、「政府に責任がある」と述べ、与党議員の厳しい質問を辛うじてかわした。

このように与党議員たちの態度変化は、大統領選挙を控えて、大統領と距離を置こうという考えのためだとする見方もある。これまで、野党議員たちの大統領に対する批判に対抗し、大統領をかばってきた与党議員の姿とは全く異なる。

ウリ党の李華泳(イ・ファヨン)議員は昨年2月の臨時国会対政府質問で、「盧武鉉大統領が『革新』と言えば、寝ていても起き上がるといううわさがある」と述べて、首相に政府革新案をしっかりと施行するよう注文していた。

04年7月8日、盧大統領が「新行政首都反対論を大統領に対する不信任運動と感じる」と述べるや、ウリ党議員たちは翌日に開かれた国会対政府質問で先を争って新行政首都の必要性を力説した。

李康来(イ・ガンレ)ウリ党議員は、「盧大統領の発言に野党が過敏に反応しているが、これは事業を強力に推進するという意志の表現だ。韓国の政治文化で最も間違っているのは『不服従』であり、野党のハンナラ党はダブルスタンダードな態度を直さなければならない」と主張していた。



leon@donga.com