Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

インターネット「悪性レス」に法の処罰

Posted January. 23, 2006 03:24,   

Updated January. 01, 1970 09:00

한국어

インターネットの「レス」に対して、検察が初めて司法処理の方針を固めた。このため、暴言や誹謗が横行するネチズンの「レス」文化に、大きな影響と変化が予想される。

ソウル中央地検刑事1部(石東鍱部長)は22日、昨年7月に林秀卿(イム・スギョン)氏(38)の息子がフィリピンで溺死したという内容のマスコミのインターネット版記事に露骨な暴言を書き込んだネットユーザー25人全員を、今週初めに刑事処罰することにしたと発表した。

検察が他人名義でインターネット掲示板に書き込み、特定人を誹謗したり虚偽の事実を流布したりしたネットユーザーを刑事処罰した事例はあるが、レスの内容自体を問題視して刑事処罰を決めたのは初めて。

1989年に平壌(ピョンヤン)で開かれた世界青年学生平和祭典に出席するため隠密に訪朝し、国内外に波紋を起こした林氏の息子が昨年7月、フィリピンで語学研修中にプールで溺死したニュースは、マスコミのインターネット版などを通じて報じられた。

当時、各マスコミのインターネット版の記事に、ネチズンたちが数百件のレスを書き込んだ。特に、一部新聞のインターネット版に書き込まれたレスのかなりの数が、林氏に対する暴言や誹謗だった。これらのレスの中には、「金正日(キム・ジョンイル)の足でも洗ってやれば。×××」「共産主義者×、息子が死んで当然だ」など、聞くに耐えないものも多かった。

林氏は、問題のインターネット版にレスを書き込んだネットユーザーのうち、25人を侮辱と名誉毀損などの容疑で検察に告訴した。

検察は、林氏に対する告訴人調査を終え、IPの追跡を通じてレスを書いた被告訴人の人的事項を把握し、検察庁に呼んで取り調べた。

検察は25日頃、彼らのうち7、8人を侮辱の容疑で在宅起訴し、残りは同様の容疑で、罰金刑で略式起訴することに決めた。また検察は、レスを他のマスコミのインターネット版記事にも移した1、2人に対しては、逮捕状を請求する案も検討中だ。

刑法上侮辱罪は1年以下の懲役か200万ウォン以下の罰金に処すことになっている。

検察関係者は、「大半のレスは、具体的な事実を指摘せず、暴言や誹謗ばかりだ」とし、「このため、名誉毀損よりも侮辱の容疑を適用することにした」と説明した。

林氏は検察の調査で、「暴言が横行するレス文化に、誰かが警鐘を鳴らさなければならないと思った。そうしなければ、私のような被害者が今後も出るだろう」と話したと、検察関係者は伝えた。

林氏は、息子の死後、衝撃を受けて社会活動を止め、慶尚南道陜川郡(キョンサンナムド、ハプチョングン)にある寺で、隠遁生活をしているという。



woogija@donga.com leon@donga.com