Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

[オピニオン] 萬景峰号

Posted August. 20, 2002 22:07,   

한국어

日本が、なにかにつけて対話の扉を閉ざそうとする北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と粘り強く赤十字会談を続けるのには、それだけの理由がある。「北朝鮮在住の日本人妻」という特異な身分の約1800人のためだ。18、19日に平壌(ピョンヤン)で開かれた赤十字会談でも、日本人妻の里帰りを10月下旬に実施することで合意した。北朝鮮在住の日本人妻とは、夫である総連系在日同胞とともに北朝鮮に渡った日本人女性のことだ。彼女らの大半が短くて18年、長くて43年もの間、故郷の地を踏めない日本版離散家族となった。故郷訪問を達成させようとする日本政府の意志が強いのもそのためだ。

◆日本人妻を含めて9万3360人余りの在日同胞を北朝鮮に移住させた北朝鮮の北送事業は、59年から84年まで続いた。新潟と北朝鮮の元山(ウォンサン)を結ぶ北送事業航路を行き来したのが萬景峰(マンギョンボン)号である。その有名な船が、釜山(プサン)アジア大会に参加する北朝鮮応援団を乗せて釜山に来る予定だという。「地上の楽園」という北朝鮮の甘い宣伝にだまされた在日同胞を乗せた北朝鮮の「工作船」が、スポーツのために韓国に来るとは、驚くほどの変化である。萬景峰号は「人民経済計画の遂行と国の対外的権威に大きく貢献した」 という理由で、北朝鮮最高の栄誉である金日成(キム・イルソン)勲章まで受けた。勲章を受けた船が、世界のどこの国にあるだろうか。

◆萬景峰号と呼ばれる北朝鮮の船舶が2隻あるため、どの船が釜山に来るかはまだ分からない。初めの萬景峰号は、3500トンの貨客船だ。この船は、北送事業が中断した84年からは、主に日本と北朝鮮を往来し輸出入品を運んだ。92年4月の金日成主席の80回誕生日を迎え、総連が40億円をかけて建造した第2の萬景峰号(正式名は萬景峰92号)は9700トンだ。北朝鮮が小さくてみすぼらしい船よりは、大きくて豪華な船を使用するものと予想される。

◆萬景峰号はよく「北朝鮮の生命線」とも呼ばれる。野菜食品などの生活必需品から自動車に至るまで、北朝鮮が必要とする物資を調達するだけでなく、毎年6億〜20億ドルとも推定される総連系同胞の送金もこの船を通じて北朝鮮に入ってくるからだ。総連が北朝鮮に送る贈り物も萬景峰号を通じて送られる。ともかく萬景峰号に乗って北朝鮮に渡った在日同胞が、そこでの実状を目の当たりにしたように、釜山に来る北朝鮮応援団に韓国の実状を十分に見てもらいたい。実状を見て、どう考えるかは彼ら次第だ。

方炯南(パン・ヒョンナム)論説委員