Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

撮影モードを勧め、AI機能も簡単な言葉で…さらにスマートになったV30

撮影モードを勧め、AI機能も簡単な言葉で…さらにスマートになったV30

Posted February. 14, 2018 09:25,   

Updated February. 14, 2018 09:25

한국어

LG電子が、2018年型V30スマートフォンに搭載する人工知能(AI)技術を13日公開した。ユーザーが最も多く使うカメラにAIを融合することで利便性を大幅に高めたのが特徴である。LG電子は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催される世界最大モバイル展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2018」で、この製品を公開する計画だ。

LG電子は、V30に搭載されるAIを「共感型AI」と表現している。スマートフォンのユーザーが最も多く使う技術を分析した後、これを中心にAIを融合させたという意味である。これまでのスマートフォン市場では、ディスプレイのサイズや高画質カメラなどの仕様競争が主をなしてきたが、今はAIを活用して、ユーザーの利便性を最大化する方向に変わっている流れを反映した戦略である。

2018年型V30には、カメラで物を映せば、自動的に最適の撮影モードを推奨する機能が適用されている。画面に映ったものや風景に合わせて人物、花、食べ物、風景、日の出など、計8つのモードの中から選ぶ。例えばパスタなどの食べ物の写真を撮るためにカメラを動作させると、自ら彩度を高め、暖かい色を適用して食べ物がより引き立つように撮れる環境をお勧めする。毎回、状況に適したカメラ環境を探さなければならない手間を減らした。LG電子側は、「1億枚以上の写真データを分析して、被写体分析アルゴリズムを開発した。カメラに物が映ると直ちにその特徴を把握して、撮影モードを推奨する」とコメントした。

情報検索、QRコード分析、製品ショッピングまでを連携できるようになった。もしユーザーが気に入った腕時計を撮影すると、その製品だけでなく、似た製品の検索結果をすぐに見ることができる上、販売サイト別製品価格の比較も簡単にみることができる。まるでインターネット画面で検索語を入力して追加情報を探すように、写真を検索に活用できるようにした。

LG電子は、音声コマンドの動作範囲も拡大した。「ドラマや映画のように撮ってくれ」など、カメラの撮影モードで活用していたグーグルアシスタントの利便性機能を23個から32個に増やした。「最適モードで撮影」「イメージ検索」「ショッピング検索」などを追加して、さまざまなAI機能を簡単に言葉で選ぶことができる。

LG電子は、AI分野で、△オープンプラットフォーム(Open Platform)、△オープンパートナーシップ(Open Partnership)、△オープンコネクティビティ(Open Connectivity)などの開放型戦略を進めている。

LG電子人工知能開発室のソン・ジュホ・チーム長は、「モバイルとテレビ、家電製品メーカーとして持っている強みと悩みを、より多くのパートナーと共有しながら、『コラボレーションを通じたシナジー』を狙う計画だ」と語った。


徐東一 dong@donga.com