Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

全国各地の日の出のスポットを一幅の水墨画に

全国各地の日の出のスポットを一幅の水墨画に

Posted January. 21, 2019 08:58,   

Updated January. 21, 2019 08:58

한국어

作家23人が同じテーマの絵画をすべて同じ値段で出した。個性とプライドの高いアーティストたちがどのように集まったのかという気もするが、その旨を聞いてみると、うなずける。低迷している韓国画壇に活気を吹き込むために意気投合したのだ。「望みを願う新年最初の日の出展」が16日から、ソウル鍾路区(チョンノグ)にあるユンギャラリーで開かれている。

展示された作品は、すべて墨で描いた水墨画で、ソウル都心から江原江陵(カンウォン・カンルン)、全羅南道海南(チョンラナムド・へナム)など、作家たちが直接訪れた韓国国内の観光スポットの日の出のシーンを盛り込んでいる。韓国画の大衆化のために、「1戸あたりに1絵を描ける」運動のために6~8号の小物をすべて30万ウォンで販売して目を引く。若い観客も韓国画の魅力を感じることができるように、手頃な価格を策定した。このため、「先に見た人が持主」という展示のサブタイトルのように、開幕から二日間で作品の多くが販売されたという。

彩色画家ノ・ジンスクは、高いマンションの間から登る朝日を抽象画のように表現した。水墨画家であるパク・チャンスは、良いショットをキャプチャするために、道峰山(トボンサン)を複数回登って、人々に親しみのある光化門を背景に日の出の風景を描いた。チン・リバ作家は、より伝統的な風景の中に山の後ろから登る朝日を描い入れた。

日の出の展は22日に終わる。続いて、同じ作家たちが個性を発揮した作品で構成された第2部「韓国画の火種展」が23日から29日まで開かれる。形式に偏らず、一人一人の技量を最もよく表わした作品を出品する。作品の価格も作家ごとに異なって策定されており、収益の一部を水墨画の発展のために寄付する。

キム・ミョンジン、キム・ヒョンジュン、ナム・グンソク、ノ・ジンスク、パク・ギョンムク、パク・ジョンゴル、パク・チャング、パク・チャンス、パク・テジュン、シン・ジェホ、シン・ヒソプ、オ・グァンソク、ウ・ヨンミン、イ・ミョンヒョ、イ・ジュンハ、イム・チェフン、ウィ、ジンス、チャン・ジョンドク、チョン・オクイム、チョン・ウンギョン、チョン・ホンチル、チョ・ヤンヒ、チン・リバ作家が参加する。入場料は無料。


金民 kimmin@donga.com