Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

ユーチューブの詩人ムン・ボヨン、「読者と文学とをつなぐ架け橋になりたい」

ユーチューブの詩人ムン・ボヨン、「読者と文学とをつなぐ架け橋になりたい」

Posted November. 22, 2018 08:27,   

Updated November. 22, 2018 08:27

한국어

ムン・ボヨン氏(26)は、ユーチューブチャンネル「ある詩人のVログ」を運営して3ヶ月になる。最近の映像は富裕層の住む町の近所を見物するシーンから始まる。高級感のある住宅には「他人の現実」、帰宅途中にあるクレーンゲームの機械の中に押されている人形たちには、「私の現実」という小見出しが付けられている。好奇心をそそる映像タイトル「伴侶豚のバス」は、豚の人形を洗うシーンを指す。

「『ボヨン、紅葉が落ちる。詩を書いてね」、友人からこう言われますね(笑)。詩人が必ずしもそのような人ではないということを知らせたかったんです」

2日会ったムン氏は、詩人の平凡な日常を共有するこの動画が、読者と文学との距離を縮める小さなきっかけになることを望むと話した。詩人といえば、金素月(キム・ソウォル)や韓龍雲(ハン・ヨンウン)のような教科書の文人たちしか知らなかった彼女は、大学で文芸創作の授業を聞いて詩に熱中した。

「ダイエゴンアリー(ダイナゴン横丁)(「ハリー・ポッター」に出てくるウィザードの店で、レンガを叩けば店が現れる)に出会ったんです。偶然聞いた講義が、私を『詩』という幻想的な空間に導いたのです。詩があんなに素敵なものだなんて!」

登壇に2回挑戦して詩人になったが、友達は、ムン氏の登壇作について「ださい」と評した。彼女自身も「詩を書く」と考えるときは、「とんでもない若々しさが浮き彫りにならないことを感じた」。誰が見ても詩のように見えるものは文芸誌に送ったが、詩のようには絶対見えないが、一人で詩だと信じたいものは「ディクシット」と名付けたコンピュータのファイルに保存した(「ディクシット」は、絵のカードで物語を作るボードゲームの名前でもある)。そのファイルに約50本の作品がたまったとき、金洙暎(キム・スヨン)文学賞の公告ニュースを聞いて、作品を送った。登壇後、最短期間に金洙暎文学賞を受賞した詩人となり、昨年末、受賞詩集であり最初の詩集「本柱」を発行した。

自分の世代が前の作家たちと異なるポイントを尋ねると、「人生を知ることと文学を知ることとを区分し始めた」と答えた。

「私はお酒をあまり飲めない。登壇後、頻繁に聞いた話の一つが『飲まないのにどうして詩を書けるのか?」でした。

彼女が見るに、新世紀の詩人は、お酒をよく飲むことと詩をうまく書くこととは無縁だということを知っている人だ。ムン氏は、小説家JDサリンジャーの青春を扱った映画「ライ麦畑でつかまえて」を見ている間に、「真の作家は補償がなくても文章を書かなければならない」という台詞を聞いて泣いたという。

「悔しいと思いましてね。21世紀の文人たちは、お金うまく稼げばいいと思います。『真の作家は協賛で生活しているので、お金の心配をせずに詩だけを書く」という言葉が可能な世界を夢見ています。私がVログをしていた時、洗濯洗剤や化粧品協賛が届けられたことがあります、涙を流しました。『これからは生活必需品調達の心配をせずに詩を書くようになったのだろうか』という気がしたからですね」

彼女の「とてつもない若々しさ」を確認できる部分だ。なぜ詩を書くかという質問には、「知っているからではなく、知らないから書く」と答えた。

「バナナについて自分が知っていることを除けば詩になり、愛について知っていることを除けば、詩になります。詩は答えを与えるのではなく、質問を投げかけるものだと思います。詩を読む人も一緒に考えて見てください」


金志映 kimjy@donga.com