Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

古代史復元の糸口を探して…3年間高句麗の山城73か所を踏査

古代史復元の糸口を探して…3年間高句麗の山城73か所を踏査

Posted March. 07, 2018 08:09,   

Updated March. 07, 2018 08:09

한국어

「高句麗の昔の名前の一つは、城を意味する「グル(溝)」でした。それだけ高句麗文化の核心は、山城にそっくり溶けています。これが広大な帝国を成し遂げた高句麗を最もよく感じられる山城に嵌った理由でもあります」

彼は、高句麗の山城に完全にはまっていた。3年以上の間、中国遼東地域の73の高句麗の山城を全部踏査し、これを写真と文章で記録した。高句麗史を専攻した歴史学者の物語ではない。最近、「遼東、高句麗山城に行く」(丸太)を出したハイコリア中国部門代表兼大連韓国国際学校の財団理事として活動しているウォン・ジョンソン氏(63・写真)に、ソウル鍾路区(チョンノグ)にある東亜(トンア)メディアセンターで会った。

2001年、中国との貿易のために杭州に移住したウォン氏。ここから北京までつながっている中国内陸部の運河に面したことで、高句麗の山城との縁が始まった。

「運河を作りながら、物流移動と経済が花開いた当時の隋は、東の巨大な帝国高句麗を侵攻するためにあらゆる努力を傾けた。彼らが征服しようとしたが、ついに失敗した高句麗の力を直接確認してみたかったんです」

本は、高句麗の歴史を網羅する。朱蒙(チュモン)が最初に都を立てた訖升骨城(フルスンゴルソン、卒本城)から、隋の侵攻に最後まで崩れずに耐えた遼東城、668年に高句麗が唐に陥落した後も、決死抗戦を誓った安市城(アンシソン)まで。名前だけで聞いていた高句麗の昔の城の実際の姿を写真と地図で一緒に確認できる。

ウォン氏は、「高句麗の山城の最大の特徴は、険しい周りの山々を利用して防御力を最大化したことだ」とし、「中国中原の国々に比べて、人口や規模が劣勢だった高句麗が数百年の歴史を続けてこられた力の源だ」と明らかにした。

注目すべきことは、ウォン氏の現場踏査で、これまで知られていなかった九連(クリョン)城、福州(ポクジュ)古城など、13の高句麗の山城を追加で明らかにしたことである。推薦の辞を書いたドオル金容沃(キム・ヨンオク)は、「今回の研究は、韓国古代史を復元する手がかりを探していく誌石になるだろう」と評価した。

ウォン氏は、「採石場として山城自体が丸ごと消えたり、畑に開墾された跡型もなくなるなど、無関心の中で放置されていく高句麗の山城が多い」とし、「高句麗の山城に対する関心と保存対策が議論されればと思う」と話した。


柳原模 onemore@donga.com