Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

アカデミー賞授賞式を大予測

Posted February. 05, 2018 09:00,   

Updated February. 05, 2018 09:00

한국어

今年で90回目を迎える米アカデミー賞の授賞式が一ヶ月後に迫っている。国内でも1日、「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」を皮切りに、主要候補作が続々と公開されたことで、どの作品や俳優が受賞するか、一緒に占うことができる。受賞が期待されるアカデミーの「話題の人物」を通じて、映画祭の観戦ポイントを事前に探ってみたい。

○メリル・ストリープは新記録を立てるだろうか

計21回もノミネート。90回の歴史の授賞式で、俳優メリル・ストリープ(69)が立てた未曾有の記録である。氏は、政府が隠蔽していたベトナム戦争の機密文書を暴露したワシントンポストの記者たちの実話を扱ったスティーブン・スピルバーグ監督の新作「ザ・ポスト」で、初の女性発行人キャサリン役で再び主演女優賞にノミネートされた。2位のキャサリン・ヘップバーンとジャック・ニコルソン(計12回)とは、圧倒的な格差である。今回受賞れば「鉄の女」(2011年)以来、4度目にオスカーを受賞し、キャサリン・ヘップバーン(4回)と一緒に最多受賞者の栄誉も抱く。

○ゲイリー・オールドマン、ディカプリオの後を次ぐだろうか

主演男優賞候補には、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でウィンストン・チャーチル役を演じたゲイリー・オールドマン(60)がノミネートされた。複数の外信は、「受賞できないのが異変」と、彼の受賞の可能性を高く占っている。

今年でデビュー36年目を迎えた彼は、レオナルド・ディカプリオと共に、ハリウッドで「賞の運のない」代表俳優の一人に選ばれている。アカデミーでは、「裏切りのサーカス」(2012年)を通じて一度だけ主演男優賞候補にノミネートされたのが全てである。今年、彼が受賞すれば、数回の挑戦の末、2016年に主演男優賞を受賞したディケプリオに続いて「賞の運のない俳優」のタイトルをついに脱ぐことになる。

○わずか9日間の撮影で助演男優賞を受賞?

演技キャリア70年。やはり巨匠は巨匠らしかった。財閥誘拐実話を扱ったリドリー・スコット監督の「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」で助演男優賞候補にノミネートされたクリストファー・プラマーのことである。

膨大なお金を持っていながら、拉致された孫の身代金として一銭も出そうとしない冷静な祖父、ゲティ役を引き受けた彼が、撮影に費やした時間はわずか9日間。当初、該当役にキャスティングされた俳優のケビン・スペイシーがセクハラ疑惑で下車した後、急に代打で投入されたためだ。北米公開日に合わせるために、すべての撮影分を9日間でこなしたが、強力な助演賞候補に浮上した。実際受賞すれば、映画に最も少ない時間をかけてトロフィーを手にする俳優になる。

○女性を前面に出した男性監督の二つ巴

今年、ハリウッドでは性暴力被害告発キャンペーン「#Metoo」が話題となっただけに、授賞式でも断然女性が話題として浮上した。授賞式の花である作品賞の有力候補でも女性が中心に立った二つの作品が選ばれている。これに先立って、ゴールデングローブで4冠王の栄誉に輝いた「スリービルボード」と最多部門候補にノミネートされた「シェイプ・オブ・ウォーター」がその主人公だ。

皮肉なことに、二つの作品共に男性監督の演出作である。ギレルモ・デル・トロ監督の「シェイプ…」(22日公開)は、声を失った清掃員(サリー・ホーキンス)が秘密の研究室に閉じ込められた不思議な生き物と出会う内容のロマンスファンタジーで、作品賞、監督賞、主演女優賞など13部門にノミネートされた。マーティン・マクドナー監督のブラックコメディ映画「スリービルボード」(3月15日公開)は、性暴行を受けた後、殺害された娘の無念の死を復讐しようとする母親の闘争記を盛り込んだ。

張善熙 sun10@donga.com