Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「クラシック皇帝」ペトレンコの指先で、「本物のマーラー」に会う

「クラシック皇帝」ペトレンコの指先で、「本物のマーラー」に会う

Posted September. 15, 2017 09:38,   

Updated September. 15, 2017 09:40

한국어

「クラシック皇帝」ペトレンコの指先で、「本物のマーラー」に会う
誰かを本当に知っていると、彼の表情と顔をすべて知っていると信じていたが、全く予期せぬ瞬間に私たちはしばしば見知らぬ顔に出会う。13日の夕方、芸術の殿堂で会ったドイツ・バイエルン国立管弦楽団が聞かせてくれたマーラーの交響曲第5番がそうだった。

ドイツ南部の最も豊かな都市「ミュンヘン」のように、端正で優雅な姿の紳士を思わせるオーケストラ特有の音が、ワーグナーのオペラに長けているベルリン・フィルの次期首長「キリル・ペトレンコ」と会ってシナジー効果を出した。1部の始まりはラフマニノフのパガニーニラプソディだった。ピアニスト「イゴール・レヴィット」の演奏は、続くマーラーの5番を予告するかのようだった。ピアノとオーケストラの間にいかなる隙間も感じられないほど、ペトレンコとレヴィットはお互いに耳を傾けながら驚くべき呼吸を披露した。

2部のマーラーの5番は、今まで接してきたマーラーのすべての5番を超える超越の経験をプレゼントした。ペトレンコはどっしりして密度の高いオーケストラ特有の音を材料にして、細かくマーラーが曲を書くときから想像していたすべての音をもれなく聞かせようと心に決めていたようだった。種が発芽するように、徐々に拡張される世界の中で、彼はまるで世界で最も堅い金属で作った鋭いナイフを振り回す将帥のように無敵だった。

広く知られている4楽章のアダージエットで荘重な弦のメロディーは無限に伸びていき、あっという間に音符で無形の空間を作った。遅いテンポで流れるメロディーがあまりにも美しく、できることなら捕まえておきたかった。5楽章は美しい何かを五感を総動員して感じるような驚異的経験だった。対象により近づいて指先でさわり、香りを嗅いだり、舌の下で味を吟味する時、ようやく真の姿を発見するように。ペトレンコの指先でマーラーの世界は悲観と落ち込みだけでなく、叙情と歓喜、喜びに満ちた世界であることを証明する偉大な旅だった。マーラーの新しい顔を発見し、再び空しく彼に惚れてしまわざるを得なかった驚異的夜だった。