Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「 李龍大とソ・ジヒョンの傍でプレイするなんて…これって夢ですか」

「 李龍大とソ・ジヒョンの傍でプレイするなんて…これって夢ですか」

Posted July. 10, 2017 09:52,   

Updated July. 10, 2017 10:10

한국어

「 李龍大とソ・ジヒョンの傍でプレイするなんて…これって夢ですか」
人々で埋まった会場のバドミントンコートには、白いシャトルコック30個が絶えず空を飛び交っていた。高く放物線を描いた後、鋭く直線的に飛行する様子がまるで生命体のように見えた。スマッシングを飛ばした後、歓声を上げる彼らの真剣な表情には、国家代表選手と「湧き水同好会」の区別などなかった。

8日と9日の二日間、2017年仁川(インチョン)空港バドミントンコリアンリーグと全国同好会の第1回の大会が開かれた仁川南東(ナムドン)体育館だった。運動を職業としたエリート選手と、趣味でラケットを握った生活体育同好会が、一つ屋根の下で大会を行ったのは今回が初めてだ。2800チーム、5000人のバドミントン同好会と23の男女実業チームの約200人の専門選手が出場したコートは、一日中熱気にあふれていた

大規模な大会を行うために、ジムの1階には同好会28面、エリート2面の計30面のコートが用意され、地下の補助競技場も18面が設置された。48コートで同時に試合進行が可能だった。

大韓バドミントン協会の朴基炫(パク・ギヒョン)教会長は開会の辞で、「生活体育とエリート体育の統合を機に新たな大会を創設した。韓国バドミントンの60年の歴史において極めて重要な日である」と意味を付与した。大会を後援した仁川国際空港公社の鄭日永(チョン・イルヨン)社長は、「最高の技量を持つ実業選手たちが繰り広げる素晴らしい試合に、熱いバドミントンの情熱を持つ全国同好会の選手たちが一緒に楽しむ祭りの場になった」と語った。

二日間、熱い熱戦を繰り広げた今回の大会は、プロ選手と生活体育同好会が一つになった成功事例という評価を受けた。参加選手だけでなく、観客席には、3000人を超えるファンが殺到して盛況を成した。慶北金泉(キョンブク・キムチョン)のバドミントンクラブ会長であるキム・ヘジョン氏は、「テレビで見ていた李龍大(イ・ヨンデ)、ソン・ワンホ、ソン・ジヒョンがプレイしているそばで、私もプレイしていることがとても不思議だった。今後、このような大会が多く開かれることを願う」と話した。五輪金メダリスト出身のヨネックスの河泰權(ハ・テグォン)監督は、「選手と同好会が一緒に呼吸することができた。選手たちもいつもと違う熱を帯びた雰囲気の中で、なおさら試合に集中できた」と喜んだ。

一方、女性失業部の試合で、金泉市役所は強豪である三星(サムスン)電気を2-1で破って初勝利を挙げた。抱川(ポチョン)市役所も始興(シフン)市役所を2-1で破った。男子失業部の優勝候補「MGセマウル金庫」と金泉市役所も並んで初勝利を飾った。



金鍾錫 kjs0123@donga.com