Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

シュティーリケ号、ソリア不在のカタールで警戒1号はMFタバタ

シュティーリケ号、ソリア不在のカタールで警戒1号はMFタバタ

Posted June. 13, 2017 08:48,   

Updated June. 13, 2017 08:49

한국어

シュティーリケ号、ソリア不在のカタールで警戒1号はMFタバタ
ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選のA組第8戦で韓国と対戦するカタールは、組最下位の6位(勝ち点4、1勝1分け6敗)に転落している。通算対戦成績は韓国が5勝2分け1敗と大きく勝ち越している。1984年のアジアカップ本大会で喫した1-0の敗戦が韓国の唯一の負けだ。

W杯本大会進出が望み薄となったカタールだが、2022年に自国で開催されるW杯に向けて代表選手の競技力強化に狙いを絞っている。このため、ホームで行われる今回の試合で33年ぶりに韓国を破ろうと、総力戦で臨むとみられる。

客観的な戦力では韓国に劣勢のカタールは、徹底して非公開練習を貫いている。8日に北朝鮮との親善試合(2-2)を行ったカタールは、同試合の日程を国際サッカー連盟(FIFA)に遅れて通知し、テレビ中継もしないなど戦力の露出を極度に控えた。大韓サッカー協会の関係者は、「カタールと北朝鮮の試合に戦力分析官を送れなかったし、映像も入手できなかった」と明らかにした。

カタールは主力FWのセバスティアン・ソリア(34)が警告累積で韓国戦に出場できない。ソリアは昨年10月、水原(スウォン)で行われた韓国との最終予選第3戦で1ゴールを決めるなど鋭い動きを見せた。韓国代表のシュティーリケ監督は最終予選第4戦でイランに0-1で負けた後、「我々にはソリアみたいなストライカーがいなかったから負けた」と発言して批判を浴びたことがある。

ソリア不在のカタールの「警戒1号」は攻撃的MFのロドリゴ・タバタ(37)だ。ブラジル出身の帰化選手で鋭いキックが強みで、FKの場面で威力を発揮する。スポルティング・ヒホンでプレーしているアクラム・アフィーフ(21)は新鋭のストライカーだ。北朝鮮との親善試合で後半戦に途中出場し10分後にゴール決める優れた決定力を見せつけた。



鄭允喆 trigger@donga.com