Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

元KBO本塁打打者のテイムズ、5戦連続本塁打でメジャー首位に

元KBO本塁打打者のテイムズ、5戦連続本塁打でメジャー首位に

Posted April. 19, 2017 08:26,   

Updated April. 19, 2017 08:27

한국어

元KBO本塁打打者のテイムズ、5戦連続本塁打でメジャー首位に
一度火が着いたら覚めることを知らない。韓国プロ野球を経験したミルウォーキー・ブルワーズのエリック・テイムズ(31)が5戦連続で本塁打を放ちメジャーリーグトップ(7本)に立った。今のペースなら韓国プロ野球が排出した最高の「逆輸出品」と言っても過言でない。テイムズは2014年から3年間、韓国プロ野球のNC所属でプレーし、通算打率.349、124本塁打、382打点を記録し、今季を控えてメジャーリーグに復帰した。

テイムズは18日、米国イリノイ州シカゴにある敵地リグレー・フィールドで行われたシカゴ・カブ戦で2番・一塁手で先発出場し、先頭打者として打席に入った3回表にシカゴ・カブスの先発投手、ジョン・ラッキー(39)のカッターを流し打ちで打球を左フェンス超しに運んだ。テイムズは、この本塁打で連続試合本塁打を5に伸ばし、1997年にジェロミー・バーニッツ(48)が打ち立てた球団の連続試合本塁打記録に並んだ。

本塁打だけではない。OPS(出塁率+長打率)も1.479でメジャーリーグ全体でトップだ。テイムズは同日、4打数3安打をマークし、シーズン打率も.405(メジャーリーグ3位)に上げた。12打点もメジャーリーグ5位の記録だ。

5年ぶりにメジャーリーグに復帰したテイムズが順調に定着した最大の理由は、速球に強いからだ。これまでテイムズは、相手投手の速球を打ち返して.429の打率をマークしている。

さらなる活躍が期待される理由は、ボールの速度にあまり影響を受けないことだ。昨年、韓国プロ野球で投手たちがテイムズを相手に投げたボールの平均速度は142キロ。しかし、今年のメジャーリーグでは時速93マイル(約150キロ)だ。テイムズは、時速8キロの差はあまり意味がないと言わんばかりに、大胆にバットを振っている。本塁打7本のうち5本は速球系のボールを捉えて作ったほどだ。

打球を上げることができるようになったことも変わったことだ。テイムズは復帰以前のメジャーリグでプレーした2012年には全体打球の37.1%がフライボールだったが、今季はこの割合が48.1%に増えた。ボールを高く飛ばさないと打率は上がるかもしれないが、本塁打を打つことはできない。

テイムズのバットが火を噴くと、米国の地元メディアからも注目を浴びるようになった。メジャーリーグのホームページは、トップ記事でテイムズが本塁打を放った話を伝え、CBSスポーツは「テイムズを獲得したのはミルウォーキーにとっては、それこそ思わぬ宝だ」と褒め称えた。

テイムズは、「韓国で些細なことに集中していけば、大きなものを達成できるという禅の哲学を学んできた。お陰で、結果に気を使うことが少なくなり、成績も上がるようになった」と話した。



黃奎引 kini@donga.com