Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

KLPGAツアー、標高1600メートルのベトナムで初開催

KLPGAツアー、標高1600メートルのベトナムで初開催

Posted March. 25, 2016 07:55,   

Updated March. 25, 2016 08:07

한국어
史上初めてベトナムで韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアー大会が開かれる。

25日、ベトナムのダラットゴルフ場(パー72)で開幕するザ・ダラットアット1200レディスチャンピオンシップだ。KLPGAが東南アジア市場を攻略し、地元のゴルフの期待の星に高いツアーを経験させるチャンスを与えるために創設した。

108人の出場選手のうち、韓国人選手は68人だ。残りはベトナムや中国、タイ、シンガポール、ミャンマー、香港などの選手で埋められている。今大会のコースは、標高1200〜1600メートルの高地帯に造成され、平地より飛距離が20〜30ヤードさらに飛ぶという。選手たちは距離計算に苦労しかねない。

キム・ボギョン(ヨジン建設)は、「コースやグリーンスピード、風、気温、食べ物など、すべてのものが不案内だ」と話した。見知らぬ環境に誰が先に適応するかも、優勝者を決定づける重要なカギとなっている。

先週、中国東莞で終わったワールドレディスチャンピオンシップで、胸をスカッとさせる逆転勝ちしたイ・ジョンミン(24、BCカード)は精巧なアイアンショットを打ち出して、連続優勝を狙っている。ワールドレディスチャンピオンシップで2位タイについたコ・ジンヨン(ネップス)は、ベトナムで強化訓練を行ったので有利かもしれない。チ・ハンソル(ホバン建設)も最近、上昇の勢いに乗っており、注目を集めている。

シード順位戦をトップで通り、今シーズンの強力な新人王候補に取りざたされているイ・ヒョリン(未来アセット)は、ツアーデビュー戦に乗り出す。パク・ジヨン(三千里)、キム・アリム、チェ・ミンギョン(以上、ハイト真露)などの大物新人だという評価を受けている。



김종석기자 キム・ジョンソク記者 kjs0123@donga.com