Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

年明け早々から朴恒緒マジック、ベトナムがフィリピンを4-2で下す

年明け早々から朴恒緒マジック、ベトナムがフィリピンを4-2で下す

Posted January. 02, 2019 09:22,   

Updated January. 02, 2019 09:22

한국어

朴恒緒(パク・ハンソ)のベトナム代表がアジアカップを控えて行ったフィリピンとの大会前の最後の親善試合でも無敗記録を伸ばした。

朴恒緒監督(写真)率いるベトナム代表チームは1日、カタールのドーハで行われたフィリピンとの非公開の親善試合で4-2で勝った。2-0でリードしたが、同点を許した後、再び2得点を挙げ、勝利を決めた。ベトナムは国際サッカー連盟(FIFA)ランキング100位でフィリピンは116位だ。

これでベトナムは国際Aマッチ無敗記録を18試合(9勝9分け)に伸ばした。現在、無敗記録を更新し続けているチームの中では最高記録だ。歴代記録では、スペイン(32勝3分け)とブラジル(29勝6分け)が保有している35試合無敗記録がある。昨年10月までロシア・ワールドカップ(W杯)優勝のフランスが15試合無敗(11勝4分け)でベトナムと並んでいたが、11月の欧州サッカー連盟(UEFA)ネーションズリーグでオランダに0-2で敗れて無敗記録が止まった。

フィリピンは昨年のスズキカップ準決勝でもベトナムで2戦合計2-4で敗れた経緯がある。イングランド代表などを指導した名将スヴェン・ゴラン・エリックソン監督は、またしても朴監督に屈した。あいにくもフィリピンはUAEアジアカップで韓国(FIFAランキング53位)とグループリーグ3組第1戦で対戦する。

アジアカップD組に入ったベトナムはFIFAランキング29位のイランと88位のイラク、135位のイエメンと決勝トーナメント進出を争う。


金在亨 monami@donga.com