Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「パット名人」イ・スンヒョンがボギー無しで今季初優勝 KLPGA・Sオイル選手権

「パット名人」イ・スンヒョンがボギー無しで今季初優勝 KLPGA・Sオイル選手権

Posted June. 11, 2018 07:57,   

Updated June. 11, 2018 07:57

한국어

「ゴルフ女帝」朴仁妃(パク・インビ=30)とイ・スンヒョン(27=NH投資証券)は大の仲良しの先輩後輩だ。同じ会社(BRAVO & NEW)のマネジメントを受けており、衣類のスポンサーも一緒だ。先日は隣近所にもなった。朴仁妃の両親がイ・スンヒョンの両親が住むマンション団地に引っ越したのだ。

フィールドでは二人は「高精度パッティング」で知られる。先月、朴仁妃が斗山(トゥサン)マッチプレーシップ選手権で絶頂のパット感覚を発揮して初めて韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーの頂上に立ったのに次いで、今度はイ・スンヒョンが「パット名人」の威信を見せつけ、シーズン初優勝を飾った。

イ・スンヒョンは10日にエリシアンCC(パー72)で行われるSオイル選手権の第3ラウンドでパターを23回しか使わない高精度のパッティングで8アンダーをマークし、通算17アンダーで優勝をつかんだ。3日間54ホールを回りながらボギーは一つもなかった。

KLPGAツアー史上5番目にノーボギーで優勝を果たしたイ・スンヒョンは2位タイのイ・ジョンウンとパク・ギョルを3打差に振り切った。昨年のハイト真露(チンロ)選手権以降、7ヵ月ぶりの通算7勝目。優勝賞金は1億4000万ウォンだ。

イ・スンヒョンは、「緊張感を持って出たけど、思ったよりパットがとっても良かったので、順調にラウンドを回れた。今年初めはパットが乱れて悔しい場面が多かったが、今後2、3勝はもっと挙げられる自信を得た」と笑顔で語った。

2~6番で5ホール連続でバーディーを奪ったイ・スンヒョンは、序盤の6ホールはいずれも1パットで守り切った。12番では7メートルのパットを成功させた。

イ・スンヒョン、キム・ジャヨンと首位タイでスタートし、初優勝を狙ったパク・ギョルは準優勝に満足しなければならなかった。2週連続で優勝に挑んだチョ・ジョンミンは4位(13アンダー)でフィニッシュした。昨年王者のキム・ジヒョンは5位タイ(12アンダー)だった。


金鍾錫 kjs0123@donga.com