Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

ASローマがバルセロナを破って欧州CL準々決勝進出、メッシは得点機逃す

ASローマがバルセロナを破って欧州CL準々決勝進出、メッシは得点機逃す

Posted April. 12, 2018 08:19,   

Updated April. 12, 2018 08:19

한국어

欧州制覇を狙った「サッカーの神」リオネル・メッシ(31)は、呆然としていた。信じられない敗北を喫したFCバルセロナ(スペイン)の選手たちは、ピッチに座り込んだ。一方、ホームで奇跡のような勝利を挙げたASローマ(イタリア)の選手たちはお互いに抱き合って喜びの瞬間を満喫した。

バルセロナとASローマの2017~2018シーズン欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の第2戦が行われたローマのスタディオ・オリンピコ競技場。スペインのバルセロナで行われた第1戦で4-1で勝利したバルセロナは準決勝進出に有利な立場から試合に臨んだ。

バルセロナは、メッシやルイス・スアレスなど今シーズンにチームをラ・リーガ「無敗の1位」(24勝7分け)にけん引している最精鋭のメンバーで臨んだ。だがASローマは堅守と鋭いカウンター能力を活かしてバルセロナを崩した。試合開始6分後にエディン・ジェコが左足シュートで先制点を挙げたASローマは、後半13分に主将ダニエル・デ・ロッシがPKで加点した。勢いに乗ったASローマは後半37分のCKで、DFコスタス・マノラスがヘディングシュートで3点目を決めた。

ホームで行われた第2戦を3-0で勝ったASローマは2戦合計4-4で並んだが、「アウエーゴール数」でバルセロナを上回り準決勝進出に成功した。ASローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、「バルサを破って、我々は真の強者に生まれ変わった。これからは決勝に進んで、みんなに我々が最高であることを証明しなければならない」と語った。

バルセロナは、この日の敗北で3シーズン連続の欧州CL準決勝進出に失敗した。エースのメッシは不正確なFKなど決定力に欠ける姿を見せた。欧州のサッカー統計サイト「フースコアドドットコム」は、メッシに6.6点(10点満点)と低い採点をつけた。この2年間、世界最高の選手に与えられる賞であるバロンドールをライバルのクリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)に奪われていたメッシは、今年も受賞は用意でない見通しだ。この2年間、ロナウドはレアル・マドリードの欧州CL2連覇をけん引した。


鄭允喆 trigger@donga.com