Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

韓国の決勝T進出の確率は18%、グループステージ突破のカギは「迅速な攻守の切り替えとカウンター」

韓国の決勝T進出の確率は18%、グループステージ突破のカギは「迅速な攻守の切り替えとカウンター」

Posted December. 04, 2017 09:26,   

Updated December. 04, 2017 09:28

한국어

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で韓国が最初に対戦するスウェーデンは北欧チーム特有の強靭なフィジカルを活かして相手を制するタイプのチームだ。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは、F組ではドイツ(1位)とメキシコ(16位)に次ぐ18位だが、59位の韓国としては決して与し易い相手ではない。

12度目のW杯出場となるスウェーデンは1958年に自国開催のW杯で準優勝したのが最高成績だ。スウェーデンはW杯欧州予選プレーオフで「カテナチオ」守備のイタリアを破って本大会出場を決め、勢いに乗っている。韓国はスウェーデンとの国際Aマッチ対戦成績で2分け2敗と劣勢だ。国際スポーツ研究センターによると、スウェーデンはW杯出場国のうち2番目に平均身長が高い(185.2センチ)を誇る。韓国は182.2センチで15位。スウェーデンは堅守とともにエミル・フォルスベリ(RBライプツィヒ)ら個人技に優れた攻撃陣の鋭いカウンターが強みだ。KBS解説委員のハン・ジュンヒ氏は、「迅速な攻守の切り替えなどを活かして、スウェーデンの堅固な守備をかき乱さしてこそ勝算がある」と話した。

これまでのW杯で2度対戦したメキシコは北中米の伝統的な強豪だ。かつて朴智星(パク・チソ=引退)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)で一緒に活躍したハビエル・エルナンデス(ウェストハムなど攻撃陣の個人技が優れている。フアン・カルロス・オソリオ監督は、「韓国は技術的に優れているチームで、メキシコと似ているところがあるようだ。タフなグループだが、最高の状態で戦いたい」と話した。ハン解説委員は、「迅速でタフなプレスで、メキシコの個人技を活かしたプレーを封じ込めながらカウンターを狙うべきだ」とコメントした。

F組最強はグループリーグ最終戦相手の「戦車軍団」ドイツだ。W杯優勝4回に輝くドイツが2014年のブラジルW杯に次いで大会2連覇を果たせば、ブラジルの最多優勝記録(5回)に並ぶ。トニ・クロース(レアル・マドリード)らMF陣のパワーと組織力が優れているドイツは、欧州予選で10戦全勝を記録すると同時に、43得点(4失点)を挙げた。韓国代表のFW李根鎬(イ・グンホ=江原)は、「初戦相手がドイツでないのは幸いだ。組織力に十分な磨きをかけて試合に臨まなければならない」と語った。

一方、統計分エーター分析サイト「ファイブサーティーエイト」はドイツが決勝トーナメントに進出確率を82.5%だと予測した。韓国は最も低い18.3%だった。



鄭允喆 trigger@donga.com