Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

キャリアのための卵子凍結保存

Posted January. 30, 2018 08:59,   

Updated January. 30, 2018 10:07

한국어

2014年4月、米ブルームバーグビジネス誌は、「卵子を冷凍保存しなさい。あなたのキャリアを救いなさい。(Freeze your eggs, Free your career)」というタイトルのカバーストーリーを掲載した。未婚の大学院生であるブリジット・アダムス氏のインタビュー記事は、職場キャリアのために妊娠を先送りした女性たちに、卵子の冷凍保存が新たな選択肢になることを浮き彫りにさせるきっかけとなった。

◆アダムス氏のインタビュー後、米国ではキャリア女性の卵子凍結保存のブームが起きた。世界の女性たちは彼女にアドバイスを求める手紙を送った。専門家らは、女性の社会的成功と育児が衝突する問題を解決するきっかけになるだろうと評価した。同年の年末、アップル、フェイスブックなど、米国の代表的グローバル企業は、最大2万ドル(約2131万ウォン)まで「卵子凍結施術」のコストを女性社員たちに支援することを決めた。ブルームバーグは、コラムを通じて「生物学的時計に左右されない世界を想像してみてほしい。夢も、赤ちゃんも守ることができる方法だ」と主張した。

◆ワシントンポスト紙の最新号によると、30代後半に冷凍卵子を保存したアダムス氏は、45歳になった昨年、保管していた11個の冷凍卵子を取り出して妊娠を試みた。しかしすべて失敗した。 2つの卵子は融解過程で生き残ることができず、3つは受精に失敗した。5つは異常と推定された。一つが彼女の子宮に移植されたが、出産までには至らなかった。彼女は「成功的な妊娠のためには、十分な卵子を保管しなければならないことを言及しない病院が多い。アドバイスの不足は、非良心的なものだ」と憤った。アダムスは結局、寄贈された卵子と精子で昨年妊娠に成功した。5月に出産を控えているという。

◆韓国でもここ数年、キャリア女性たちの冷凍卵子保管が大きく増えている。昨年は、一部の女性芸能人がテレビで「卵子を冷凍保管している」と告白して話題になった。2016年の保健福祉部の国政監査資料によると、韓国では26か所の病院で約4500個の冷凍卵子が保管されている。しかし、卵子の採取と急速凍結、保管などにかかる費用だけでも数百万ウォン台だという。妊娠と出産は、個人と社会の祝福である。キャリアのために生体時計まで人為的に逆らわなければならない苦痛をいつまで女性が抱え込まなければならないのだろうか。

キル・ジンギュン論説委員 leon@donga.com