Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「韓米が意見を異にすることも、南北加速もあってはならない」と警告した米国務長官

「韓米が意見を異にすることも、南北加速もあってはならない」と警告した米国務長官

Posted November. 22, 2018 08:27,   

Updated November. 22, 2018 08:27

한국어

ポンペオ米国務長官が20日、北朝鮮の非核化が南北関係の進展によって置き去りにされてはならないことを明確にした。ポンペオ氏は同日、韓米が対北政策の協力をめぐって1回目の会合を開いた作業部会について、「韓米の意見が食い違い、双方が知らなかったり考えを伝える機会がない状態では行動しないということを確信するプロセスを公式化した」と述べた。外信は、韓国政府の南北関係の加速に対する「警告」」、「注意要請」と解釈した。

ポンペオ氏の発言は強硬だった。彼は「韓国に対して、南北関係が進展する一方で朝鮮半島の平和と北朝鮮の非核化が置き去りにされることは望まないと明確に伝えた。それら(非核化と南北関係)は並行して進めなくてはならない重要なプロセスだ」と強調した。これまで口癖のように言ってきた話とは大きく異ならないが、ポンペオ氏が出てきて、韓米間の調整されていない独自の主張や行動が出てはならないと求めたという点で、対北協力に亀裂が少なくないことをうかがわせる。

これまで南北関係の進展過程で米国を当惑させることが少なくなかった。9月の平壌(ピョンヤン)首脳会談を控えてなされた南北軍事合意が代表的だ。ポンペオ氏が、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に電話をかけて強い不満を示したほどだ。10月には、米国の相次ぐ憂慮表明にもかかわらず、南北鉄道・道路連結事業の合意がなされた。こうしたことによって北朝鮮が非核化をためらい、考えを変える恐れがあるというのが米国の判断だ。

 

にもかかわらず、韓国政府は作業部会の第1回会合の結果について、「米国が南北鉄道連結共同調査に全面的な支持を示した」とだけ強調した。しかし、先日まで「良い便りを期待してもいい」と予告したのとは違って、南北鉄道共同調査に対する制裁免除に対しては、「現在『技術的問題』を議論している」と述べた。大枠で韓国の立場に同調するかも知れないが、依然として意見の相違は縮まっておらず、そのため最終発表も先送りになったのではないかと観測される。

米朝非核化交渉は何の進展もない。取り消された高官協議の日程もまだ決まっていない。北朝鮮は、韓国政府の制裁緩和要求に米国が応じることを待って、時間稼ぎをしているのか疑わしい。政府も米国に不満がないわけではないだろう。韓米作業部会という公式チャンネルができたので、互いの目標と行動、速度を一致させ、声を一つにしなければならない。そうしてこそ、同盟を仲違いさせようという北朝鮮の誤った判断を阻止できる。