Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

15歳以下がTOEFL受験時は保護者がいなくても可能

15歳以下がTOEFL受験時は保護者がいなくても可能

Posted March. 11, 2019 08:26,   

Updated March. 11, 2019 08:26

한국어

15歳以下の青少年が、TOEFLの受験時に保護者が試験場に必ず同伴するようにした条項が削除されて、今月から適用される。

公正取引委員会は9日、英語試験の主管社である米教育評価院(TOEFL)、YBM(TOEICの)、ソウル大学発展基金(TEPS)、ジーテルプコリア(ジーテルプ)の約款を審査し、4つの条項を是正するようにしたと明らかにした。

TOEFLはこれまで、受験者の安全を理由に、15歳以下の人が受験時は保護者が試験場内にとどまるようにした。この条項を違反した場合は、点数を無効にし、返金もしなかった。公取委は、試験場の管理責任は事業者にあるだけに、推奨事項に変更するようにした。悪天候などで既に行った試験がキャンセルされることもあり、キャンセル時は無料再試験や返金するかどうかは、事業者の裁量にあるという条項も削除した。

TEPSとジーテルプの場合、受験者が不正行為をしたと疑われて、成績通知保留者に分類されれば、追加再試験のチャンスを1回与え、6週間以内に受験するようにした。従来は通知保留者が2週間以内に指定された場所で、たった1回開催される再試験を受けなければならなかった。改正約款は、今月申請した受験者から適用される。


李새샘 iamsam@donga.com