Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「週52時間」違反の事業所には28日間の「是正期間」を与える

「週52時間」違反の事業所には28日間の「是正期間」を与える

Posted June. 13, 2018 08:29,   

Updated June. 13, 2018 08:29

한국어

来月1日から300人以上の事業所を対象に、週52時間制が施行される中、政府は法定労働時間を違反した事業所をすぐに処罰せず、28日間(公休日は除く)の「是正期間」を与える。むやみに犯罪者を量産するよりは、労使が自主的に問題を解決するように誘導するという趣旨だ。

12日、雇用労働部の「労働監督官執務規定」によると、労働監督官が、週52時間制を違反した事業所を摘発すれば、ひとまず是正命令を下した後、7日間の是正期間を与えなければならない。是正期間中に労使協議などの正当な理由があれば、7日間をさらに延長することができる。是正期間は公休日と土曜日が除外されるため、是正期間は、通常14日間を超えることになる。事業主がこの期間中に命令に応じなかったり、改善の意志を見せなければ、刑事立件され、司法処理が始まる。

労働時間の違反事件は、通常賃金未払いと一緒に調査が行われる。労働時間違反事件は、法定労働時間に該当する賃金のみを与え、実際の仕事はより多くさせた場合が多くあるからだ。賃金未払いもすぐに処罰できない。是正命令を下し、14日間の是正期間を与えなければならず、正当な理由があれば、14日間を延長することができ、土曜日と公休日は是正期間から除外される。

結局、事業主の立場では、不法行為が摘発されても労働時間の違反は最大14日間、賃金未払いは最大で28日間処罰を受けなくなる。通常賃金未払いと労働時間の違反が同時に行われることが多く、事業者は平均28日間の是正期間を持つことを意味する。

土曜日と公休日まで含めると、実際の是正期間はさらに伸びる。この期間に労働組合(または労働者代表)と協議して労働時間を調整し、未払い賃金を支給すれば、事件は「内偵捜査終結」として処理され、何の処罰も受けない。

特に是正命令を履行しなかったとしても、労使が具体的な是正計画を盛り込んだ合意書を労働庁に提出すれば、処罰を免除されることもある。現行法上、労働時間の違反は、2年以下の懲役または2000万ウォン以下の罰金、賃金未払いは、3年以下の懲役または2000万ウォン以下の罰金に処せられる。ただし、賃金未払いは「反意思不罰罪」なので、被害者が希望しなければ、処罰できない。

労働時間の短縮違反で犯罪者が量産される事態を防ぐためには、是正期間をさらに伸ばすべきだという主張が出ている。経営界の関係者は、「現行の是正期間はあまりにも短い」とし、「最大2ヶ月程度に増やせば、企業の立場でも大きく役立つだろう」と語った。しかし、雇用部の関係者は、「(是正期間の延長は)検討していない」と一線を画した。ただし、この関係者は、「是正期間中に労使が自主的に問題を解決し、司法処理まで行かないように最大限支援する方針」と話した。


柳聖烈 ryu@donga.com