Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

子供の日はマスクを、6~7日は傘の用意を

子供の日はマスクを、6~7日は傘の用意を

Posted May. 05, 2018 07:53,   

Updated May. 05, 2018 07:53

한국어

子供の日の5日から3日間の「ゴールデンウィーク」期間中に外出を計画しているなら、マスクと傘は欠かせない。

5日は全国が概ね晴れる上暖かく、外出にいいだろう。朝の最低気温は、ソウルが11度、光州(クァンジュ)が11度、釜山(プサン)が14度で、日中の最高気温はソウルが23度、光州が26度、釜山が23度で、平年より高いと予報された。前日より4度ほど上がった気温だ。

ただ、昼と夜の気温の差が激しく、着替えを用意した方が良い。風も全国的にやや強く吹くと予想される。野外活動や旅行に出る計画があれば、首都圏と江原嶺西(カンウォン・ヨンソ)、忠清(チュンチョン)などの中西部地域では午前より午後のほうがいいだろう。南西風の影響で、中国発粒子状物質が飛来してきて、これらの地域の粒子状物質の濃度は、午前中は一時「悪い」レベルに高まるかもしれない。

6日と7日は、全国的に雨が予想される。中部地方は6日午後、または夜にやむだろうが、南海岸と済州島(チェジュド)は連休の最終日である7日までに、大量の雨が降ると予想される。気象庁は、「済州南部と山地の降水量は100ミリを超えることもある」と明らかにした。

6日の朝の最低気温は、ソウルが14度、光州が16度、釜山が15度などで平年より高い。しかし、雨が降って日中の最高気温は、ソウルが18度、光州が20度、釜山が19度などで、平年をやや下回ると予想される。連休最終日の7日の気温は、ソウルが13~24度などで平年と同様か高いと予想される。


キム・ハギョン記者 whatsup@donga.com