Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

AI兵器開発? KAISTは否定

Posted April. 06, 2018 09:14,   

Updated April. 06, 2018 09:14

한국어

海外の科学者約50人が4日(現地時間)、KAISTに「人工知能(AI)を組み合わせた『キラーロボット』開発を中止せよ」と研究協力のボイコットを宣言した。

KAISTが今年2月、国内の情報技術(IT)ソリューション企業のハンファシステムと共同で設置した国防人工知能(AI)融合研究センターが、攻撃用大量破壊兵器を開発するためではないかという疑いを提起したのだ。彼らは、KAISTとの共同研究など協力を一切中止する立場を明らかにした。

 

4日、科学ジャーナル「サイエンス」などによると、AI専門家のトビー・ウォルシュ豪ニューサウスウェールズ大学教授は同日、このような内容が含まれた世界29ヵ国の科学者57人の共同声明書を発表した。国内の科学界は、世界の科学者が国内の研究機関に共同声明を出したことは非常に異例と受け止めている。ウォルシュ氏は2015年から国際的にAIキラーロボットの開発に反対する運動を繰り広げてきた活動家として知られている。ディープラーニング(深層機械学習)分野を開拓した英国出身のコンピュータ工学者、ジェフリー・ヒントン・グーグル研究員兼トロント大学教授とヨシュア・ベンジオ・モントリオール学習アルゴリズム研究所長も今回の共同声明に参加した。

KAIST融合研究センターは発足当時、△AI基盤指揮決定支援システム、△無人潜水艇航法アルゴリズム、△知能型航空機訓練システム、△知能型物体追跡および認識技術の4つの技術を集中的に研究・開発する計画を立てた。KAISTは兵器システムではなく戦略支援システム(非兵器システム)を開発するためという立場だ。

しかし、海外の科学者は声明書で、KAISTがこのような技術を基に攻撃用無人機(ドローン)や潜水艦、ミサイル、戦争用ロボットなどを開発する恐れがあると指摘した。今回の共同声明を主導したウォルシュ氏は、「KAISTのような優秀な研究機関が兵器開発の競争を煽ることは非常に遺憾だ。私たちはKAIST総長がAI兵器を開発しないと約束することを求める」と明らかにした。

 

これに対してKAISTの申成チョル(シン・ソンチョル)総長は同日夕方、57人全員に反論の書信を送った。申総長は書信で、「KAISTは韓国を代表する研究および教育機関であり、人工知能を含むあらゆる技術の適用に対する倫理的憂慮に対して十分に認知しており、大変重要だと考えている」とし、「国防AI融合研究センターは、大量破壊兵器など人間の統制力を脱した自律兵器を含め人間の尊厳性に脅威になる研究は絶対しない」と明らかにした。

海外では、防衛産業にAIを組み合わせた研究が行われている。米国防研究所(ARL)は最近、AIを組み合わせて人と知能型ロボットが協業できる軍事システムを開発している。中国人民解放軍も民間との協力でAI基盤の国防強化プロジェクトに対する投資を増やしている。ウォルシュ氏ら科学者は、関連の研究計画が発表されるたびに反対の共同声明を発表している。


ソン・ギョンウン記者 kyungeun@donga.com