Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

韓国が高齢社会に進入、65歳以上が14%に

韓国が高齢社会に進入、65歳以上が14%に

Posted September. 04, 2017 09:41,   

Updated September. 04, 2017 09:45

한국어

韓国が高齢社会に進入、65歳以上が14%に
2000年に高齢化社会に入った韓国は17年ぶりに高齢社会に進入した。

3日、行政安全部によると、先月末現在の住民登録人口は5175万3820人、65歳以上の人口は、全体の14.02%である725万7288人を記録した。国連は全人口のうち65歳以上が7%以上なら高齢化社会、14%以上は高齢社会、20%を超えると超高齢社会に区分する。65歳以上の割合は、2008年の10.2%から2013年は12.2%、昨年は13.5%へと着実に増加した。

高齢化は地域別に大きな差を見せた。全羅南道(チョンラナムド)は65歳以上人口の割合が21.4%で、17広域自治体の中では唯一超高齢社会になった。全羅北道(チョンラブクド、18.8%)、慶尚北道(キョンサンブクド、18.8%)など8カ所は高齢社会、世宗(セジョン、9.7%)、蔚山(ウルサン、9.8%)、京畿(キョンギ、11.3%)、ソウル(13.6%)などの8カ所は高齢化社会に入った。広域市より道の高齢化速度が速くて、京畿を除く残りの道は高齢社会に分類された。65歳以上が7%未満の広域自治体はなかった。

226の基礎自治体(市郡区)では、全羅南道高興(古墳群、38.1%)、慶尚北道義城(ウィソン、37.7%)などの93ヵ所が超高齢社会に突入した。高齢社会は、江原道鐵原(カンウォンド・チョルウォン19.5%)などの59カ所、高齢化社会は、慶尚北道浦項(ポハン、13.9%)など73ヵ所だった。7%未満は蔚山北区(6.9%)だけだった。

基礎自治体も都市よりは農漁村の多い郡の高齢化速度が速かった。82郡のうち71郡(86.6%)が超高齢社会であり、釜山機張(キジャン13.1%)などの4ヶ所は高齢化社会、江原鉄原(19.5%)など7カ所は高齢社会に分類された。

65歳以上の割合が最も低い市は慶北亀尾(クミ、7.8%)、最も高いところは全羅北道金堤(キムジェ、29.8%)だった。郡単位で最も低い地域は大邱達城(テグ・タルソン、11.1%)、最も高い地域は全羅南道高興(コフン、38.1%)だった。区で65歳以上の割合が最も低いのは蔚山北区(6.9%)、最も高い地域は釜山東区(23.4%)だった。

先月末基準の住民登録人口は、その前月より8872人(0.02%)が増えた。一ヶ月前より人口が増えた広域自治体は京畿などの8カ所であり、残りの9つの市・道は減った。住民登録人口のうち、居住者は5125万7149人(99.04%)、居住不明者は44万2464人(0.86%)、在外国民は5万4207人(0.1%)だった。世帯は1カ月間で3万2340世帯が増えて、2151万4559世帯だった。1世帯当たりの平均人口は2.41人だった。



李維鍾 pen@donga.com