Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

トランプ政権、「2004年の米大学生北朝鮮拉致疑惑」真相調査に着手

トランプ政権、「2004年の米大学生北朝鮮拉致疑惑」真相調査に着手

Posted February. 07, 2017 08:26,   

Updated February. 07, 2017 08:38

한국어
2004年に北朝鮮に拉致されたという主張が提起された米国人大学生デービッド・スネドン氏に対して、米政府が最近非公開で真相調査に着手したことが6日、確認された。米政府が真相調査を経て米国人の北朝鮮拉致を初めて認める場合、米朝関係に及ぼす影響は計り知れない。戦後拉北者被害家族連合会の崔成龍(チェ・ソンリョン)理事長は、「昨年末、駐韓米大使館で米政府関係者に会って、スネドン氏の拉致過程と関連情報を入手することになった経緯などについて聞いた」とし、「米議会でスネドンさんの北朝鮮拉致の関連証言ができるかと連絡も受けた」と明らかにした。崔氏によると、米大使館側は、米政府が現在スネドンさんを失踪で処理した状態であり、真相調査を通じて事実関係が最終確認されれば、失踪状態を解除して北朝鮮に拉致されたことを公表する予定だ。

米国と英国の外信は昨年9月、崔氏を引用してスネドンさんが2004年8月(当時24歳)中国雲南省を旅行している時に北朝鮮に拉致され、英語教師として生活していると報じた。その後、米議会上・下院は、米政府が拉致の有無を調査するよう求める決議案を通過させた。北朝鮮は拉致を否定した。

米大使館側は最近までスネドンさんの現在の状況と身元を確認する方法に関する追加情報を崔氏に要請した。崔氏は、北朝鮮消息筋の伝言を根拠に北朝鮮拉致説を取り上げた外信報道後、北朝鮮がスネドンさんを妙香山(ミョヒャンサン)に移して特別監視中であり、妙香山に行く前は平壌(ピョンヤン)の朝鮮中央赤十字病院やボンス教会で目撃されたと伝えた。

崔氏は、「2004年に金正日(キム・ジョンイル)総書記が金正恩(キム・ジョンウン)と兄の金正哲(キム・ジョンチョル)、妹の金与正(キム・ヨジョン)ら自分の子供に英語と米国の文化を教える教師が必要だと特別指示をしたと、北朝鮮消息筋が伝えた」と話した。このため、国家安全保衛部海外反探処やミャンマーに派遣された保衛部職員がスネドンさんを拉致してミャンマーを経由して2004年10月に平壌に連れて来たという。

スネドンさんは、ユン・ポンスという名前で暮らし、キム・ウンヘ(37)という女性との間に息子と娘がいるという。このような事実は、拉致に加担した関係者の1人が死の前に北朝鮮消息筋に打ち明けたと、崔氏は主張した。



尹完準 zeitung@donga.com