Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

終戦宣言→CVID→国交正常化、トランプ氏が米朝会談のロードマップを提示

終戦宣言→CVID→国交正常化、トランプ氏が米朝会談のロードマップを提示

Posted June. 09, 2018 08:42,   

Updated June. 09, 2018 08:42

한국어

「終戦宣言―完全な非核化―国交正常化」に続くトランプ米大統領の北朝鮮非核化ロードマップが出た。また、トランプ氏は12日のシンガポール米朝首脳会談が成功裏に進めば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をホワイトハウスに招待する考えも明らかにした。

トランプ氏は7日(現地時間)、安倍晋三首相との日米首脳会談後、ホワイトハウスでの記者会見で、「正恩氏と会って首脳会談を行うすべての準備ができている」と明らかにした。トランプ氏は、韓半島終戦宣言について、「私たちは韓国戦争終戦の合意に署名できる。それは最初の措置になるだろう」とし、「しかしそれは本当に開始であり、恐らく容易な部分だ。最も難しい部分がその次に残っている」と強調した。完全な非核化に進む過程が容易でないことを示唆したのだ。

トランプ氏は北朝鮮との国交正常化問題と関連して、「国交正常化は私が期待することだ。すべてのことが終わった時、そうなることを望む」と述べた。トランプ氏が北朝鮮との終戦宣言と国交正常化推進の意向を明らかにしたのは初めてであり、「先に非核化、後に国交正常化」ロードマップを公式化したとみえる。トランプ氏が終戦宣言と米朝国交正常化、金正恩氏のホワイトハウス招待まで言及したことから、これまで両国の実務会談で北朝鮮側の相当な譲歩があった可能性がある。

 

しかし、ポンペオ米国務長官は同日、「金正恩氏が『CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)』に向けて決断を下すことを期待する」と述べた。これは、米国がCVIDに関して北朝鮮からまだ確実な返答を聞いていないことを示唆する。終戦宣言や国交正常化などのトランプ氏の発言は、非核化と関連して決断を躊躇する正恩氏に確実なアメを見せるためとみえる。

トランプ氏は、「(シンガポールに)どれくらい滞在するのか」という質問に、「1日、2日、3日・・・。何が起きるかにかかっている」と話した。トランプ氏の口から、米朝首脳会談が3日間続くこともあり得るという話が出たのは初めて。さらに、「会談がうまくいくなら、正恩氏の米国訪問も可能と考える」とし、「我々は恐らくホワイトハウスでまず始めるだろう」と明らかにした。

トランプ氏はアメだけを提示したわけではなかった。交渉がうまくいかない場合、「席を立つ完全な準備もできている。前にも一度そうした」と話した。また、「私が『最大限の圧力』を再び使うと言えば、交渉がうまくいかなかったということ」とも述べた。

一方、大統領府はトランプ氏が終戦宣言の可能性を示唆した発言に対して、「慎重になる局面なので公式的な立場を申し上げられない」と慎重な反応を示した。金宜謙(キム・ウィギョム)大統領府報道官は8日、「トランプ氏が様々な多くのことを構想しているようだ」とし、「過程が進んで変わる可能性がいくらでもある構想」と評価した。


周成河 zsh75@donga.com · 朴湧 parky@donga.com