Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

沈黙を破ったトランプ氏、金正恩氏に「アメとムチ」

沈黙を破ったトランプ氏、金正恩氏に「アメとムチ」

Posted May. 19, 2018 08:27,   

Updated May. 19, 2018 08:27

한국어

「我々はカダフィ政権に『我々はあなたを保護する。軍事力を提供し、あらゆるものを与える』と言ったことはない。我々はリビアを完全に破壊した。イラクでもそうした」

トランプ米大統領が、北朝鮮が南北高官級会談を一方的に延期し、米朝首脳会談まで再考の可能性があると警告した2日後の17日(現地時間)、沈黙を破った。「トランプ式北朝鮮非核化解決法」を記者団に11分間語り、「殺戮」、「破壊」などを意味する「decimation」を7回も言及した。北朝鮮の非核化交渉については、「リビアとは全く違うモデル」、「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と共にする」と北朝鮮をなだめた。しかし、北朝鮮が非核化に合意しなければ「完全な破壊(Total decimation)」の可能性もあると警告し、「アメとムチ」を振りかざした。

● 「完全な破壊」、首脳会談合意後、初めて北朝鮮に警告

トランプ氏は、北朝鮮の反発を招いたボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の「リビア式非核化モデル」を排除した。トランプ氏は、「カダフィに適用されたモデルは『完全な破壊』だった。我々は彼を倒した」とし、「(米朝)が合意しなければリビア・モデルが十分にあり得る」と警告した。また、「もし(米朝首脳)会談が実現しなければ、我々は次の段階に進む」と強調した。そして、「合意が成立するなら、金正恩氏は大変幸せなるだろう」とし、「彼は極めて強固な保護を得ることになるだろう」と述べた。米紙ワシントン・ポストは、「大統領が政治的安全装置の提案と新たな警告をセットに『ミスター金』(金正恩氏)を交渉テーブルに誘導しようとした」と評価した。ウォール・ストリート・ジャーナルは、「米朝首脳会談の合意後、トランプ氏の初の直接的な北朝鮮への警告であり、緊張高揚の初の信号だ」と分析した。

● 「北朝鮮は豊かになるだろう」、「韓国モデル」を提示

トランプ氏は、北朝鮮の非核化交渉と関連して、「金正恩氏と共にする」とし、「彼は北朝鮮にとどまって国家を経営し、彼の国はとても豊かになるだろう」と強調した。「体制保証」と「経済成長」が見返りに与えられることを明示したのだ。さらに、「これは産業的な面で韓国モデル」と強調した。ポンペオ国務長官は、「米国の納税者ではなく米国のすばらしい民間資本が北朝鮮に投資することを許可する」と発言したことがある。

 

トランプ氏は、「まるで何も起きなかったかのように交渉している」とし、首脳会談準備のための米朝間の水面下の交渉が進行中であることを何度も強調した。米朝首脳会談の局面を壊さない考えを表わしたとみえる。そして「どこで、どのように、どんな部屋で会うのかなどについて交渉している。まもなく発表するだろう」と付け加えた。

一方、トランプ氏は、中国の習近平国家主席の経済政策の最側近である劉鶴副首相一行が第2回米中貿易交渉のためにワシントンを訪問したことを取り上げ、中国に対する圧力を強めた。中国との貿易交渉についてトランプ氏は、「果たして成功するか疑わしい」とし、「私が疑う理由は、中国がとても無作法になったため」と非難した。


ニューヨーク=パク・ヨン特派員 ウィ・ウンジ記者 parky@donga.com · wizi@donga.com