Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

5月に米朝首脳会談、周辺国の反応は

Posted March. 10, 2018 08:00,   

Updated March. 10, 2018 08:00

한국어

米国と北朝鮮の迅速な対話を強調してきた中国外交部は9日、定例会見で、トランプ米大統領が5月前に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談の意思を明らかにしたことに対して、歓迎の意を示した。中国国営メディアは同日、米朝首脳会談の成功を速報で伝え、驚きを隠さなかった。

普段、刺激的な表現が多くない中国共産党機関紙「人民日報」のウェブサイト「人民網」も、「大事件!トランプ氏が5月前に金正恩氏との会談に同意」と題する速報を出した。人民網は別の記事で、「北朝鮮核問題の外交的解決は遠く困難だが、交渉は戦争勃発を心配する気持ちをしずめる」と指摘した。中国政府の立場を公式に代弁する新華社通信も、「重大変化!トランプ氏が金正恩氏と5月前に会う」と題する速報を伝えた。新華社通信は別の記事で「トランプ氏が『韓半島問題で重大な進展を成した』と話した」とし、「さらに米国は合意に至るまで対北制裁を継続すると明らかにした」と伝えた。

人民日報の姉妹紙、「環球時報」のウェブサイト「環球網」も、金正恩氏との会談の意向を表明したトランプ氏の発言を伝えた鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領国家安保室長の記者会見を「重大声明」、「驚きのニュース」と表現した。環球網は、「突然のことだ。北朝鮮と米国が手を握って奇襲した」と報じた。

外交筋によると、中国は米朝対話を歓迎しながらも、今後の非核化交渉で中国が疎外されるいわゆる「中国素通り(チャイナ・パッシング)」が起こることを警戒している。対北制裁で米朝関係が悪化するなど代価を払ったのに、いざ対話の過程で中国が排除されるのではないかということだ。このため、中国が南北、米朝首脳会談の状況を見つつ、中朝関係の改善に出るという見方が出ている。

疎外論を意識したのか中国外交部は、「中国が韓半島問題で積極的かつ建設的な役割を果たし、国際社会に認められた」と強調している。王毅外相は8日、記者会見で、「中国が呼びかけた『双中断(北朝鮮の核・ミサイル実験と韓米合同軍演習の中断)』が正しい処方箋であったことを示す」とし、「(やはり中国が主張した)『双軌並行(非核化と平和協定の同時推進)』の方向で非核化の過程で北朝鮮の合理的な安保憂慮を解決しなければならない」と強調した。今の対話局面は中国が呼びかけた解決方向によるものという主張であり、中国疎外論を払拭しようという狙いがうかがえる。


尹完準 zeitung@donga.com