Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

元米高官「 北朝鮮が言及した体制安全は在韓米軍撤収の意味」

元米高官「 北朝鮮が言及した体制安全は在韓米軍撤収の意味」

Posted March. 08, 2018 08:07,   

Updated March. 08, 2018 08:07

한국어

「核心はディテールにある。北朝鮮が解釈する『安全保障』は私たちの解釈とは異なることが多かった。」

6者協議で米次席代表を務めたジョセフ・デトラニ元北朝鮮担当特使は6日、米公共放送PBSに出演し、北朝鮮への韓国特使団を通じて伝えられた北朝鮮の「体制安定が保障されるなら、核を保有する理由はない」という主張に対して、「肯定的に解釈する」としつつも、過度な楽観論を警戒した。対話局面を利用して北朝鮮への「探索の動き」が必要だが、「北朝鮮の(非核化に関する)意図を正確に把握するまでは交渉に入ってはならない」ということだ。

デトラニ氏は、北朝鮮が交渉で米国が受け入れられない条件を掲げる可能性がある状況で北朝鮮の非核化について語ることは早いと指摘した。このインタビューでデトラニ氏は、「(北朝鮮の)『体制保障』 (議題には)米軍の韓半島および(北東アジア)駐留問題が含まれる可能性がある」とし、「北朝鮮の真意を正確に把握するまでは(非核化の)交渉に入ってはならない」と分析した。

同日、英週刊誌エコノミストとのインタビューでもデトラニ氏は、「北朝鮮が言う『安全保障』は紙切れ(平和協定を指摘)以上だ」とし、「北朝鮮は『なぜこの地域(韓半島)と日本に米軍部隊が必要なのか』と質問するだろう」と説明した。同誌は、(在韓・在日米軍の撤収といった)米国の後退は(交渉カードで)議論されたことはない」とし、「意味ある交渉の可能性に対して懐疑的な見解を持つことは合理的」と付け加えた。


韓基渽 record@donga.com