Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

フランス女性100人が「MeToo」現象に反論

フランス女性100人が「MeToo」現象に反論

Posted January. 11, 2018 08:10,   

Updated January. 11, 2018 08:30

한국어
フランス女性100人が「MeToo」現象に反論

「性的暴行は犯罪だ。しかし、誰かを誘惑することは犯罪ではない。私たち(女性)は、性暴力や誘惑を区別できるほど賢明だ」

昨年、大物映画制作者ハーヴェイ・ワインスタインに性的暴行被害を受けた女優たちの相次ぐ暴露に触発されたMeToo(#MeToo・私もやられた)キャンペーンをこのように批判したのは、男性ではなく女性たちだ。フランス文化芸術界の女性100人は9日、日刊紙ル・モンドに共同投稿した「性の自由に不可欠な誘惑の自由を弁護する」というタイトルの文を通じて、「男たちに清教徒主義的な過度な非難が続いている」と明らかにした。この100人の中には、「シェルブールの雨傘」「昼顔」「8人の女たち」などに出演した世界的女優カトリーヌ・ドヌーヴ(写真)と「カトリーヌ・Mの正直な告白」というエッセイ集で有名な美術評論家カトリーヌ・ミエなどの女優、学者、作家などが含まれている。

MeTooキャンペーンが広がり、昨年フランスでも「#BalanceTonporc(豚を告発せよ)」というキャンペーンが行われた。フランスで豚は、性的に放蕩な男性を指す表現である。しかし、彼女らはMeTooキャンペーンを、性的自由を脅かす「魔女狩り(witch-hunt)」と表現した。彼女らは、「女性の膝に触ったり、キスしようとしたという理由だけで、男性たちが自分の職場から追い出されている」とし、「男性たちに(女性を)『誘惑する自由』が許されるべきだ」と主張した。

また、「男性たちは自分の10年、20年、30年前の過去の罪と不適切だった行動について反省することを求められている」とし、「告発者を自任した人たちが公開自白を強要しているが、これは社会に全体主義の機運を植え付けるだけだ」と批判した。また、「女性を自由にしようとキャンペーンが始まったが、今は逆に『正しく』言うように人々を脅かし、自分と同じ態度を示さない人たちを反逆者や共謀者と責め立てるようになった」と指摘した。さらに、「『豚たち』を屠殺場に送ろうとする情熱は、女性たちを助けるのではなく、宗教的過激主義勢力、道徳的反動主義者たちのような性的自由を抑圧する敵の利益だけを手伝うだけだ」と主張した。

フランス女性たちの投稿に、イタリア映画界の関係者であるアーシア・アルジェントはツイッターに、「カトリーヌ・ドヌーヴを含む女性たちは、『内面化されたmisogyny(女性嫌悪)』が元に戻せない段階まで来ていることを全世界に示した」と批判した。アルジェントは新人女優だった時、ワインスタインに性的暴行を受けたと主張して、MeTooキャンペーンに火をつけた人物の一人である。



董正民 ditto@donga.com