Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

トランプ氏、「今は嵐の前の静けさ…そのうち意味が分かるだろう」

トランプ氏、「今は嵐の前の静けさ…そのうち意味が分かるだろう」

Posted October. 08, 2017 11:10,   

Updated October. 08, 2017 11:20

한국어

北朝鮮が10日の労働党創建日を前後して超大型の挑発に出るという観測が流れている中、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の発射準備の情況が確認されている。大統領府関係者は7日、「北朝鮮が長距離ミサイル発射準備を続けており、状況を綿密に注視している」とし、「挑発時、断固かつ厳重な対応に出る」と明らかにした。大統領府と軍当局は、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の労働党総書記20周年の8日か労働党創建日(10日)、中国共産党全国代表大会が開かれる18日を有力な「Dデイ」と見ている。北朝鮮が米国の記念日にもしばしば挑発したことを考慮すると、米国の祝日であるコロンブス・デー(9日)も有力だ。

 

軍当局は、北朝鮮が過去を越える超大型の挑発を強行し、韓半島の緊張が再び高まることを憂慮している。特に、北朝鮮が固体燃料を搭載した新型ICBM級と推定されるミサイル「火星(ファソン)13」の実験発射で米本土に対する攻撃能力を誇示したり、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を同時に発射して衝撃を最大化するという観測も流れている。

これと関連して、最近平壌(ピョンヤン)を訪れたロシアのアントン・モロゾフ下院議員は6日(現地時間)、ロシア国営RIA通信とのインタビューで、「北朝鮮は、さらに強力なミサイル実験を準備していると言った。そのミサイルが米国の海岸を攻撃することもできるだろう」と強調した。

トランプ米大統領は同日ホワイトハウスで開かれた「製造業の日」行事に出席した後、5日の「嵐の前の静けさ」発言について、「(何の意味かそのうち)分かるだろう」と述べた。トランプ氏は5日、ホワイトハウスで、軍首脳部と夕食会を行い、北朝鮮やイランなど安保懸案を議論した後、記念撮影をし、記者団に、「これが何を表すかわかるか。たぶん、嵐の前の静けさだ」と語った。北朝鮮に対する軍事行動を示唆したという解釈が出ている。これに対して大統領府関係者は、「北朝鮮の挑発を抑止するための警告の意味」と述べた。

一方、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は同日、トランプ氏と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「核兵器は違法だ。彼らは止めなければならない」と米朝両者に自制を求めた。