Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

米の圧迫に中国も緊張...対北制裁交渉に進展

米の圧迫に中国も緊張...対北制裁交渉に進展

Posted August. 04, 2017 10:50,   

Updated August. 04, 2017 11:13

한국어

北朝鮮核問題の解決策をめぐって軍事対応の動きまでうかがえ、「強vs強」局面に突き進んだ米国と中国が、水面下では交渉に進展を見せている。国連の新たな対北朝鮮制裁に対して両国が見解の相違をどれだけ縮められるかによって、米国が準備している中国に対する超強力な経済制裁案が執行されるかどうかだけでなく、米国の対北軍事オプションも順位が後退する見通しだ。

米国務省関係者は3日、東亜(トンア)日報との電話会談で、「先月2回発射された北朝鮮のミサイル『火星(ファソン)14』に対して、中国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と認めず、北朝鮮への追加制裁に反対してきたが、最近、米国側の要求の一部を受け入れる意向を間接的に伝え、水面下の交渉が進んでいる」と明らかにした。

米国のヘイリー国連大使が先月30日、「協議の時間は終わりだ」と言った後、米財務省が今週中に中国に対する経済制裁案を発表する予定であるうえ、太平洋で米軍まで軍事圧力を強化したことで、中国政府の気流に変化が起きたと見える。ただ、米国が強く求める「北朝鮮に対する原油供給の停止」と金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長をリストに入れることに対して中国が依然として難色を示しており、交渉が合意に達するかは不透明だ。

財務省が準備している制裁案には、北朝鮮と取り引きし、国連安保理決議案や米国の大統領令などを違反した中国の貿易会社や金融機関、団体、個人など40ヵ所に制裁を加えることが含まれたという。一方、トランプ大統領は2日、「ロシア・イラン・北朝鮮制裁法案」に署名し、「この法は危険で安定を脅かすイランと北朝鮮の行動を容認しないという米国人の明確なメッセージだ」と明らかにした。



朴庭勳 sunshade@donga.com