Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

政府、仕事少ない中小造船会社にLNG船140隻を発注

政府、仕事少ない中小造船会社にLNG船140隻を発注

Posted November. 23, 2018 07:30,   

Updated November. 23, 2018 07:30

한국어

政府と民間は2025年までに、液化天然ガス(LNG)燃料推進船140隻を発注して、中小造船会社の仕事を増やすことにした。さらに7000億ウォン規模の新規資金を支援し、1兆ウォン規模の融資については満期を延長する予定だ。

飽和状態になっている造船業の突破口を作るための趣旨だが、融資の利子すらきちんと返済できずにいるゾンビ企業に対して、構造調整に踏み切らなければ、「焼け石に水」という指摘が出ている。

政府は22日、政府世宗(セジョン)庁舎で国政懸案調整点検会議を開き、このような内容の造船産業活力向上策を打ち出した。最近は大型造船会社の受注が続いているが、中小造船会社はまだ仕事を確保するのが難しいという現場の声を反映したものだ。

政府はエコ船舶を普及するという目標に基づいて、2025年までにLNG船140隻を発注することにした。これにより、中小造船会社が食べていける1兆ウォン台規模の市場を作るという構想だ。これは、韓国国内78社の中小造船会社の昨年の売上の総額(6012億ウォン)よりも大きい規模と言える。2020年から公共船舶はLNG船にするように義務付けるなど、政府が40隻を公共発注する計画だ。公共船舶1隻には約70億ウォンの予算がかかる。老朽船舶をLNGに置き換えるときに、金融機関などと協議して支援する案も推進される。汚染物質を多く排出するバンカー重油の代わりに、エコ燃料で粒子状物質などを削減できると政府は見ている。

全羅北道群山(チョンラブクド・グンサン)、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)など、産業危機対応地域内の造船機材メーカーには、今年末で満期となる1兆ウォン規模の融資と保証期限を来年末までに1年間延長することにした。

中小造船会社が直面している金融面でのトラブルを解消するために、計7000億ウォンが新規支援される。仕事を受注したのに製作資金がおらず、製品を作れない機材メーカーには3000億ウォンの製作金融を支援することにした。信用保証基金と技術保証基金、貿易保険公社などから保証の形で提供される。

また、船を作る途中に造船会社が倒産すれば、銀行が船主に前受金を代わり返済する「前受金払い戻し保証(RG)プログラム」の規模を1000億ウォンから2000億ウォンに拡大する。これまで造船防衛産業企業が100%保証負担をしたものを50%にまで下げ、3000億ウォンの製作金融を支援することにした。

財政支援策は出したが、造船業全般の競争力を高めるには力不足だという指摘が出ている。延世(ヨンセ)大学経済学科の成太胤(ソン・テユン)教授は、「世界的に船舶受注が減っており、今後、国際環境は明るくない」とし、「根本的な競争力強化対策が必要だ」と語った。


崔惠? herstory@donga.com