Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

三星、インテルを抜いて半導体首位

Posted January. 06, 2018 09:43,   

Updated January. 06, 2018 09:50

한국어

コンピュータ半導体チップのセキュリティ欠陥を巡る波紋に包まれたインテルが、急いで鎮火に乗り出したが、波紋が収まらない。インテルは、世界半導体市場首位の座も24年ぶりに三星(サムスン)電子に明け渡した。

インテルは4日(現地時間)、報道資料を通じて「ハッキングに脆弱な欠陥である『メルトダウン(Meltdown)』と『スペクター(Spectre)』を避けられるセキュリティパッチを開発し、アップグレードを進めている」とし、「来週末までにこの5年間生産された製品の90%以上の更新が行われると見ている」とコメントした。その前日、「当社の製品だけに欠陥があるという報道は正確ではない」と反論したことから一歩下がった形となっている。

インテルは事態の収拾に乗り出したが、アップルとグーグル、マイクロソフト(MS)などの主要情報技術(IT)企業が一斉に、自社製品が今回のチップセキュリティ欠陥の影響圏下にあると発表し、波紋が続くものと予想される。アップルとMSは、欠陥を防ぐ運営体制(OS)のセキュリティアップデートプログラムを用意している。

インテルは数カ月前から今回の事態の深刻さを知っていたことが伝わり、道徳性を巡る論争にも包まれている。ブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)が昨年11月、2500万ドル(約266億ウォン)相当の保有株を売却したことも後で明らかになり、議論はさらに広がる兆しを見せている。インテルの株価は、前日3.4%急落したのに続き、4日も1.8%下落した。

泣き面に蜂で、インテルは1992年から守ってきた半導体市場の王座を三星電子に渡した。同日グローバル市場調査会社ガートナーは、三星電子が半導体市場の首位についたという予備調査の結果を発表した。

ガートナーによると、2017年の三星電子の半導体売上は前年比52.6%増の612億ドル(約65兆ウォン・シェアは14.6%)だった。インテルは、同期間6.7%の成長にとどまり、577億ドル(13.8%)で2位となった。SKハイニックスは前年比79%増の283億ドル(シェア6.3%)で、米クアルコムとブロードコムを押して初めて3位についた。

国内電子業界の関係者は、「パソコン市場に注力していたインテルと違って、三星電子はモバイルに移行する市場の流れの変化に迅速に対応したため、勝機を握ることができた」と分析した。

ただ、ガートナーは、三星電子が世界半導体市場首位の座を長く維持することはできないかもしれないと警告した。中国企業の設備拡充の影響で、三星電子の主力であるメモリチップの価格が今年、安くなると予想されるうえ、ブロードコムがクアルコムの買収を進めており、市場構図が変わる可能性があるからだ。



金志炫 jhk85@donga.com