Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

ハナカードが日本決済市場に進出、微信を使う中国観光客の攻略に乗り出す

ハナカードが日本決済市場に進出、微信を使う中国観光客の攻略に乗り出す

Posted August. 10, 2017 09:29,   

Updated August. 10, 2017 09:35

한국어

ハナカードが子会社を設立して、日本決済市場に進出する。

ハナカードは、日本に子会社「ハナカードペイメント」を設立したと、9日明らかにした。ハナカードは、中国、ベトナムなどの地元企業と業務協約(MOU)を交わしたことはあるが、子会社を設立して本格的に海外に進出するのは今回が初めてだ。ハナカードペイメントは、日本国内の中国微信ペイ加盟店を対象に買取サービスを提供する。微信ペイは約6億人の中国人が利用するテンセントのモバイルメッセンジャー「微信」を基盤にしたモバイル決済サービスだ。

ハナカードは今後、日本を訪れる年間600万人の中国人観光客を攻略する計画だ。ハナカードは今年2月にテンセントや日本全日本空輸(ANA)などと微信決済拡大のための覚書も交わした。



金聖模 mo@donga.com