Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

金正恩氏が今年初の軍部隊視察、黄炳瑞氏が再び登場

金正恩氏が今年初の軍部隊視察、黄炳瑞氏が再び登場

Posted July. 02, 2018 08:37,   

Updated July. 02, 2018 08:37

한국어

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が今年に入って初めて軍部隊視察を行った。

朝鮮中央通信は先月30日、正恩氏が人民軍第1524軍部隊を視察したことを伝え、「政治思想教養と信念教養を一層強化して警戒所を鉄甕城のように保衛することを強調した」と伝えた。

今年に入って正恩氏の軍関連の行動は、2月8日の朝鮮人民軍創設70年慶祝軍事パレードの出席が唯一で、現場の部隊視察は今回が初めて。米朝対話のムードで緩みかねない軍規律を引き締めるとともに、ポンペオ米国務長官の訪朝を控えて対米交渉力を高めるためという指摘が出ている。

また正恩氏は、中朝貿易の核心地帯である丹東(タントン)に隣接した平安北道薪島郡(ピョンアンプクト・シンドグン)の農場と新義州(シンウィジュ)の化粧品工場を視察したと、北朝鮮メディアが先月30日と1日に報じた。化粧品工場には、夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏も同行した。正恩氏は、「化粧品『春の香』で名高い新義州化粧品工場にいつか来ようと思っていた。今日にやって来た」とし、「評判がよく需要があるからといって絶対に自画自賛しないように」と激励した。

 

正恩氏は気さくなイメージも強調した。薪島郡の視察でベンツ防弾車ではない古い中型車に乗り、小さな小型ボートに乗って島に移動した。化粧品工場を視察する写真では、正恩氏の後ろに「6月29日午後5時54分」を指す電子時計を異例にも載せ、公開行動のイメージを強化した。

一方、今回の視察に朝鮮人民軍総政治局長を解任された黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏が同行したと、北朝鮮メディアが報道した。時折り黄氏の顔が写真と映像を通じて捉えられたが、北朝鮮メディアが名前を直接言及したのは昨年10月、万景台(マンギョンデ)革命学院創立70年記念報告大会以来約8ヵ月ぶり。労働党部長である韓光相(ハン・グァンサン)氏のすぐ前に黄氏が言及されたことから、党組織指導部第1副部長である可能性が提起されている。正恩氏が崔竜海(チェ・リョンヘ)組織指導部長を牽制するために黄氏をその下に置いたということだ。


黃仁贊 hic@donga.com