Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

米国の核物理科学の権威・ヘッカー氏「北朝鮮の非核化、15年はかかる」

米国の核物理科学の権威・ヘッカー氏「北朝鮮の非核化、15年はかかる」

Posted May. 30, 2018 08:22,   

Updated May. 30, 2018 08:22

한국어

米国が望む「北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)には最大15年かかるという主張が出ている。トランプ政権は、大統領任期(1期2020年、再任に成功すれば2024年)内に完全な非核化を望むが、物理的に多くの時間が必要ということだ。

世界的な核物理学者のジークフリード・ヘッカー・スタンフォード大学教授は28日(現地時間)、米紙ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、「米朝両国が直面する政治的・技術的な複雑性を考慮すると、北朝鮮の非核化にかかる期間は15年と推定される」と明らかにした。ヘッカー氏は同日、スタンフォード大学国際安全保障協力センターとともに報告書「技術的な観点から見た北朝鮮非核化ロードマップ」を発表した。04~10年に4度も北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)核施設を視察した経験があるヘッカー氏は同報告書で、北朝鮮の非核化は技術的な面だけで3段階にかけて10年間かかると見通した。

最初の段階で軍事的・産業的・人的な活動を停止するのに1年かかり、第2段階で核団地と施設の稼動、兵器の規模を減らすのにさらに5年必要とされる。最後の段階では、核計画を破棄・制限することだけでも10年かかると、同報告書は説明した。ただ、段階別に重複できるが、それでも「最長15年」かかるという説明だ。特にヘッカー氏は、「核物質は作ることより解体することがさらに難しく、時間もかかる。原子力発電所1基の汚染物質を除去して解体するだけでも10年かかる」とし、北朝鮮の非核化に時間がかかるほかないということを強調した。また、「核施設を作った北朝鮮科学者が直接この施設を解体するのが最も安全な方法」と付け加えた。


朴庭勳 sunshade@donga.com