Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

大統領府、「韓国人6人の解放も水面下で努力中」

大統領府、「韓国人6人の解放も水面下で努力中」

Posted May. 11, 2018 08:34,   

Updated May. 11, 2018 08:34

한국어

北朝鮮に拘束された韓国系米国市民3人が解放されたことで、韓国人拘束者の解放に対する期待も高まっている。

大統領府関係者は10日、北朝鮮に拘束された韓国人6人の解放について「水面下で最善を尽くしている」と話した。大統領府は前日、米国人拘束者の解放が確定すると、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月27日の南北首脳会談で、北朝鮮に拘束中の韓国人6人の早急な解放を要請した」と明らかにした。現在、北朝鮮に拘束された韓国人6人のうち3人は中朝国境地域で布教活動を行ってスパイ容疑で北朝鮮当局に逮捕され、他の3人は脱北者だという。大統領府は、文大統領が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に直接拘束者の解放を要請したので、北朝鮮の肯定的な反応を期待している。外交筋は、「米国市民拘束者の解放の過程で文大統領と韓国政府が様々なチャンネルで北朝鮮と議論した」と伝えた。

 

ただ、米朝首脳会談の成功のための「事前プレゼント」の性格が強い米国市民拘束者の解放とは異なるため、北朝鮮当局が韓国人拘束者を近く解放する可能性はあまり高くない。特に、北朝鮮が韓国人拘束者の解放の条件として2016年に亡命した北朝鮮レストラン従業員13人の送還を要求する可能性も排除できない。北朝鮮は1月9日に開かれた南北閣僚級会談でも、韓国の離散家族再会の提案に対して亡命した女性従業員の送還を条件に掲げたという。

大統領府は、南北首脳会談の結果の履行について話し合う高官級会談の議題に韓国人拘束者の解放を含めて議論を始める方針だ。大統領府関係者は、「北朝鮮の反応を待っている状況であり、韓国人拘束者の解放がすぐに実現するとは考えない」とし、「北朝鮮との接触を通じて具体的な議論を進めていく」と話した。


ムン・ビョンギ記者 weappon@donga.com