Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

宋永武国防長官「米戦略兵器、来なくてもいい」

宋永武国防長官「米戦略兵器、来なくてもいい」

Posted March. 09, 2018 08:05,   

Updated March. 09, 2018 08:05

한국어

宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官が8日、訪韓した米海軍太平洋艦隊のスコット・スウィフト司令官(海軍大将)と会った席で、「(4月に始まる韓米合同軍事演習に)拡大抑止戦力や原子力潜水艦を展開しなくてもいい」と発言した。

宋氏は、「5月に(スウィフト氏の)後任が来るまで役割をうまくやってほしい。南北関係や韓半島周辺に多くの変化があるだろう」としこのように話した。スウィフト氏が「準備する」と言うと、宋氏は「いや、韓半島に来ずに・・・」と答えた。この発言は、4月1日に始まる韓米軍事演習に米戦略兵器を展開する必要がないという趣旨と解釈された。

論議が起こると、国防部は急いで火消しに乗り出した。5月に退役するスウィフト氏が在任中、米戦略資産の韓半島配備のために苦労したことに対して、宋氏が「慰労と冗談、励ましの言葉」のつもりで言ったという。軍関係者は、「今年の合同演習は例年並みで行われるだろう」と話した。しかし一部では、4月末に板門店(パンムンジョム)で開かれる第3回南北首脳会談を考慮して、韓米軍事演習に空母や戦略爆撃機など戦略兵器の参加が大幅に縮小されるのではという観測が流れている。

一方、最近、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長ら特使団に韓米軍事演習の実施を理解すると発言した背景をめぐって様々な解釈が出ている。まず「核武力の完成」への自信という見方がある。在韓・在日米軍だけでなくグアム基地や米本土まで射程に入れた中長距離弾道ミサイルを実践配備したので、韓米演習を恐れないというメッセージが込められているということだ。5回の核実験で核の小型化を達成したか完成が迫っている「信号」という分析もある。軍当局者は、「北朝鮮が核・ミサイルの量産に突入したとすれば、韓米軍事演習が脅威にならないと判断した可能性がある」と指摘した。

対話基調を継続することへの見返りを要求するための布石の可能性もある。南北首脳会談の開催に合意したので、韓国が米国を説得して、韓米軍事演習を実施しても主内容(韓米海兵隊の合同上陸演習など)を縮小したり日程を一部短縮することを期待しているということだ。これには、韓国が北朝鮮に対する緊張の程度を最大限下げるよう誘導し、今後、韓国への柔和攻勢の効果を最大化しようという意図も感知されるという見方もある。


ユン・サンホ軍事専門記者 ソン・ヒョジュ記者 hjson@donga.comysh1005@donga.com